コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴト

デジタル大辞泉の解説

ごと【如】

比況の助動詞「ごとし」の語幹
…のように。「ごとし」の連用形にあたる。
「渡る日の暮れぬるが―照る月の雲隠る―沖つ藻のなびきし妹(いも)は」〈・二〇七〉
…のようだ。「ごとし」の終止形にあたる。
「逢(あ)ふことは玉の緒ばかり名の立つは吉野の川のたぎつ瀬の―」〈古今・恋三〉

じょ【如】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョ(漢) ニョ(呉) [訓]ごとし しく もし
〈ジョ〉
そのとおり。…のごとく。「如上
状態を表す語に添えて調子を助ける語。「晏如(あんじょ)欠如突如躍如鞠躬如(きっきゅうじょ)
〈ニョ〉そのとおり。そのまま。…のごとく。「如実如法如来如是我聞(にょぜがもん)一如真如不如意
[名のり]いく・すけ・なお・もと・ゆき・よし
[難読]如何(いかが)如何(どう)如何(いか)なる如何(いか)に如月(きさらぎ)不如(しかず)・莫如(しくはなし)・不如帰(ほととぎす)

もころ【如/若】

《上代語》同じような状態。よく似た状態。連体修飾語を受ける形で、副詞的に用いられる。
「立たせば玉藻の―臥(こ)やせば川藻のごとく」〈・一九六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごと【如】

( 助動 )
〔助動詞「ごとし」の語幹〕
似ているものに比べ、たとえる意を表す。…ように。…のようだ。 「梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家の園にありこせぬかも/万葉集 816」 「雪こぼすがごと降りてひねもすに止まず/伊勢 85」 「秋の夜の明くるも知らず鳴く虫はわがごとものや悲しかるらむ/古今 秋上」 → ごとし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

如の関連キーワード如円尼(3)本願寺光寿真珠庵如泉真空(2)如夢幻泡影薄氷を履む如一(2)江村如圭土佐広通田中恒斎三十二相日の暮れ風林火山景愛尼狂言堂木工集玉の緒専照寺願入寺如儡子

如の関連情報