コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴト

4件 の用語解説(如の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごと【如】

《比況の助動詞「ごとし」の語幹》
…のように。「ごとし」の連用形にあたる。
「渡る日の暮れぬるが―照る月の雲隠る―沖つ藻のなびきし妹(いも)は」〈・二〇七〉
…のようだ。「ごとし」の終止形にあたる。
「逢(あ)ふことは玉の緒ばかり名の立つは吉野の川のたぎつ瀬の―」〈古今・恋三〉

じょ【如】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョ(漢) ニョ(呉) [訓]ごとし しく もし
〈ジョ〉
そのとおり。…のごとく。「如上
状態を表す語に添えて調子を助ける語。「晏如(あんじょ)欠如突如躍如鞠躬如(きっきゅうじょ)
〈ニョ〉そのとおり。そのまま。…のごとく。「如実如法如来如是我聞(にょぜがもん)一如真如不如意
[名のり]いく・すけ・なお・もと・ゆき・よし
[難読]如何(いかが)如何(どう)如何(いか)なる如何(いか)に如月(きさらぎ)不如(しかず)・莫如(しくはなし)・不如帰(ほととぎす)

もころ【如/若】

《上代語》同じような状態。よく似た状態。連体修飾語を受ける形で、副詞的に用いられる。
「立たせば玉藻の―臥(こ)やせば川藻のごとく」〈・一九六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごと【如】

( 助動 )
〔助動詞「ごとし」の語幹〕
似ているものに比べ、たとえる意を表す。…ように。…のようだ。 「梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家の園にありこせぬかも/万葉集 816」 「雪こぼすがごと降りてひねもすに止まず/伊勢 85」 「秋の夜の明くるも知らず鳴く虫はわがごとものや悲しかるらむ/古今 秋上」 → ごとし

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

如の関連情報