コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無難 ブナン

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐なん【無難】

[名・形動]
危険のないこと。また、まちがいのないこと。また、そのさま。無事。「無難な日を送る」「貴重品は持って行かないほうが無難だ」
欠点のないこと。特にすぐれているわけではないが、格別の欠点も見当たらないこと。また、そのさま。「無難な歌い方」「無難にまとめた演技」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶなん【無難】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
欠点がないこと。また、とりたてて非難すべき点もないが、さしてすぐれてもいないこと。また、そのさま。 「 -な演技」
危険や災難のない・こと(さま)。無事。 「 -な選択」 「そも刀禰たち鎌倉まで行着かれたか、-に/武蔵野 美妙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無難の関連キーワード牛乳アレルギーの人は、牛肉を食べるときにも注意シコンノボタン(紫紺野牡丹)ヘリクリサム・ペティオラツム難・南・男・納・軟・難シマアジ(海水魚)その他のキノコ類排尿困難・残尿感就職活動メイクサンダーソニア家庭環境と健康メニエール病32GBの壁ローズマリー機種依存文字年収アップ数値積分法エキナシアアスチルベなだらかイソトマ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無難の関連情報