コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事無し コトナシ

デジタル大辞泉の解説

こと‐な・し【事無し】

[形ク]
何事もない。平穏無事だ。
「手抱(たむだ)きて―・き御代と天地(あめつち)日月と共に万代(よろづよ)に」〈・四二五四〉
変わったことがなく退屈だ。大した用事もない。
「公私(おほやけわたくし)に―・しや何業してかは暮らすべき」〈・若菜上〉
面倒なことがない。容易である。
「わづらはしかりつる事は―・くて、やすかるべき事はいと心ぐるし」〈徒然・一八九〉

こと‐なし【事無し】

[名・形動]
何もすることがないこと。また、そのさま。
「常夏の花をだに見ば―にすぐす月日も短かかりなむ」〈後撰・夏〉
男女の間に特別のことが起こらないこと。また、そのさま。
「―にて過ぐしつる年ごろも悔しう」〈・須磨〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ことなし【事無し】

( 形ク )
無事である。変わったことがない。 「我がために妹いもも-・く妹がため我も-・く/万葉集 534
大したことがない。なんの苦労もない。わけない。 「わづらはしかりつる事は-・くて/徒然 189
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事無しの関連キーワードしょう事無し言う事無し止ん事無いあめつち骨無し万葉集内つ国

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事無しの関連情報