コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安濃[町] あのう

百科事典マイペディアの解説

安濃[町]【あのう】

三重県北部,津市に接する安芸(あげ)郡の旧町。布引山地北東部を占め,米作を中心とした農業を行う。近年は,工業団地が造成され,企業が立地している。2006年1月久居市,安芸郡河芸町,芸濃町,美里村,一志郡一志町,香良洲町,白山町,美杉村と市へ編入。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あのう【安濃[町]】

三重県中北部,安芸(あげ)郡の町。1978年町制。人口1万0797(1995)。南東は津市に接する。西部は布引山地に属する山地で,東部は安濃川,穴倉川沿いに沖積低地が開ける。基幹産業は米作中心の農業であるが,現在は都市型農業への転換が図られている。また東端部や津市と隣接する地域では,住宅・工業用地の開発が進んでいる。安濃には戦国時代に当地を支配した細野氏の居城安濃城跡があり,連部(つらべ)にある善福寺には,重要文化財の木造毘沙門天立像がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

安濃[町]の関連キーワード白山町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android