コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永金銀 ほうえいきんぎん

4件 の用語解説(宝永金銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝永金銀
ほうえいきんぎん

江戸幕府が宝永3 (1706) ~正徳4 (14) 年に発行した金,銀貨幣の総称。金貨幣には宝永一分金,宝永小判,銀貨幣には宝字丁銀豆板銀,永字銀,三宝銀,四宝銀などがあった。慶長,元禄の金銀に比べ品位が劣っていたので流通しにくく,金銀相場を混乱させたので享保8 (23) 年1月までに停止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうえい‐きんぎん【宝永金銀】

江戸幕府が宝永年間に鋳造した金貨・銀貨の総称。金貨は小判一分判金、銀貨は宝字銀永字銀三宝銀および正徳年間(1711~1716)鋳造の四宝銀を含む。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

宝永金銀【ほうえいきんぎん】

1706年―1711年(宝永3年―8年)に鋳造された貨幣。元禄(げんろく)期の改鋳による金銀比価の是正を目的としたもので,二ツ宝丁(ほうちょう)銀・豆板銀・永字丁(えいじちょう)銀・三ツ宝丁銀・小判・一分銀など5年間に銀貨4回,金貨1回改鋳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうえいきんぎん【宝永金銀】

1706年(宝永3)発行の宝永二ッ宝丁銀・豆板銀はじめ,10年の宝永永字丁銀・豆板銀,宝永三ッ宝丁銀・豆板銀,宝永小判,宝永一分金,11年の宝永四ッ宝丁銀・豆板銀を総称していう。二ッ宝銀,三ッ宝銀,四ッ宝銀には,それぞれ宝の文字が2~4個刻印されている。このようにわずか5ヵ年間に銀貨が4回,金貨が1回改鋳が行われ,幣制は混乱した。これは元禄期の改鋳によって生じた金銀比価の不均衡を調整しようとしたものであったが,銀座年寄が幕府の勘定奉行荻原重秀と結託して,幕府は改鋳益金を収得し,銀座年寄は銀座収入の増大を意図したことによるところが大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

宝永金銀の関連キーワードカスパルイーブリン関口流錦文流荷田在満栗山潜鋒戸田茂睡鳥辺山風俗文選ベール

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone