コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家印 いえじるし

5件 の用語解説(家印の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家印
いえじるし

家の所有権や占有権を示すために材木や道具などにつける記号。家紋が一族共通であるのに対し,家印は家ごとに異なるが,分家は本家の家印を多少変えて用いることが多い。家印の記号が主として直線の組合せであるのは,もともと木に刻みつける木印から始ったことを示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いえ‐じるし〔いへ‐〕【家印】

家々で自家の所有を示すために、道具類・船・倉などにつける符号。屋号・商標になったものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

家印【いえじるし】

物の所有を示す家々の記号。器具などにつける。木印より複雑なものが多いが,やはり占有標識として発生したもので,家紋とは異なる。△,○などの記号を基本とし,同族間では本家・分家の関係が識別し得るようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いえじるし【家印】

商家などで、自分の所有であることを明らかにするために道具類につけた記号。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家印
いえじるし

各家の所有を示す占有標のこと。広義には木印、耳印、窯印、帆印なども含むが、一般には各家庭で用いる道具や下駄(げた)、傘など、家財につける印をいう。墨で書くこともあるが、のちには焼き印を用いるようになった。など、簡単な印に家名の文字などを組み合わせたものが多い。家印には、本家・分家関係を表すものもあり、同一系統の印をつけることにより、同族意識を強調したものであろう。家紋も家印の一種であるが、これは公家(くげ)が牛車(ぎっしゃ)などにつけた装飾的要素の強い印から、江戸時代に武家の紋章となり、一般に伝播(でんぱ)したもので、庶民の共同生活のなかから必然的に生じた家印とは、その発生においてやや性格を異にしている。しかし武家が用いた動機は他と識別することであり、家印の要素と同一である。[鎌田久子]
『『北小浦民俗誌』(『定本柳田国男集 25』所収・1964・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の家印の言及

【木印】より

…木印はごく短期間の使用のため簡単に目印として付けるものであるが,より長期的に所有権や占有権を示すためのものとして焼判がある。焼判は道具類や履物に押されるもので,そこに示された家の印(家印)は木印よりはよほど複雑で,○(まる),∧(やま),(かぎ)などに数字や文字を入れるのが一般的である。しかし,明らかに木印を原型にもっているものや木印から変化したものも少なくない。…

※「家印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家印の関連キーワード占有権滌除悪意占有挙証土地所有権論所論地所有権分離甲区保存登記(所有権保存登記)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家印の関連情報