コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家相 カソウ

7件 の用語解説(家相の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐そう〔‐サウ〕【家相】

家の位置・方角・構造などから、その家に住む人の吉凶を判断する方法。中国伝来の陰陽五行(おんようごぎょう)説に基づく俗信。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

家相【かそう】

家の地勢,方位間取りなどが吉凶を支配するという考え。古く中国に起こり,陰陽五行説から割り出された一定の法則をもっていた。日本では奈良中期から信じられるようになり,平安京四神(しじん)相応(東に青竜(せいりゅう),西に白虎(びゃっこ),南に朱雀(すじゃく),北に玄武)の地として選ばれ,丑寅(うしとら)の方角(北東)を鬼門として,そのしずめに延暦寺を建てたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

占い用語集の解説

家相

住居の構造や立地条件などから、その家に住む人の運勢を診断する方法。風水に気学の考え方を取り入れ、独自の形に発展している。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かそう【家相】

家屋の地勢,構造,方角,間取りなどのありよう。それにより吉凶を判断する家相説は陰陽五行思想に基づいて考案され,日本へは中国から伝来して平安京や城などの築造に影響を与えた。家相はその居住者の吉凶を左右すると信じられ,さまざまな俗信が生まれた。とくに家の北東隅は鬼門といって悪い方角とされ,台所,便所,出入口,窓などを作るのを忌んだり,欠込みを設けて災難除けとした。屋敷選定の上では〈尾先(山の下り口),谷口,宮の前〉のほか,三隅屋敷(三角形の宅地)や池鏡(家屋が池に映る)が嫌われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かそう【家相】

その住人の運勢がわかるとされる、家の向きや間取りなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かそう【家相】

家の位置・間取り・方向などのあり方。これにより吉凶を判断する。中国古来の、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)の思想をもとにして成立したといわれ、日本には7世紀ごろに渡来、近世以降に一般民衆にも広まった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家相
かそう

屋敷、家屋の位置や構造が人々の運命に影響すると信じ、その配置方法の吉凶を判断する占法。中国古代の陰陽五行(いんようごぎょう)思想に基づく「方位説」に由来する。古く日本にも伝来して、帝都の選定、社寺宮殿の造営はじめ、住宅建設などにもその配置の方位の吉凶を卜定(ぼくてい)するのが例となった。一方、転居や外出などにかかわる「方位の忌み」も一般化していった。陰陽道(おんみょうどう)の定着による陰陽師(おんみょうじ)の活動がその主動因で、その伝流は中世以後の築城や居館の造営にも及び、近世には広く一般民間にもその風潮は波及して、複雑怪奇な家相説が俗間の易占師などの手で流布した。そして造営時の禁忌より、むしろ運勢の吉凶を家相に即して占う形が主となってもいった。第二次世界大戦後の調査(1947~50)でも家相の吉凶を信ずる者46.5%、とくに「鬼門除(きもんよ)け」を実施した者は66%にも及んでいた。方位説には方位の吉凶が固定しているものと、暦日の循環などでそれが変動するものとがある。とくに前者では「鬼門」の俗信が目だつ。北東の方位を「鬼門」(南西を裏鬼門という)として忌み、門、玄関、便所などの配置を避け、あるいは「鬼門除け」に特殊の工作を施したりする。京都御所の鬼門除けの「欠込(かけこみ)」などの類で、都市の鬼門除けに社寺を建てる風もあった(江戸の寛永寺、京都の延暦寺(えんりゃくじ)など)。一方「九星術」による暗殺剣、五黄殺、的殺などの「凶方位」、あるいは金神(こんじん)、八将軍、土公神(どくじん)などの暦日による巡歴方位の忌みなど、方位の吉凶判断は多様で、「三世相」など俗間の易占書がそのよりどころともなった。前掲調査によっても鬼門のほか金神、暗剣殺、的殺、八将軍、天一天上、五黄殺などの方位俗信がなお生きていることがうかがわれる。一方、民間には家相説によらぬ幾多の住居禁忌の俗信が別に伝承されてきた。異形の屋敷や寺社の跡地を避け、祟(たた)り地、因縁地を忌み、あるいは便所、土蔵、井戸、門口などの配置にも方位その他種々の禁忌が伴った。
 屋敷に植える花木にも複雑な吉凶判断の伝承があり、家相その他居宅の状況が住む人の運勢に影響を及ぼすという観念は、いまもなお広く残っている。[竹内利美]
『飯島忠夫著『天文暦法と陰陽五行説』(1979・第一書房) ▽文部省迷信調査協議会編『迷信の実態――日本の俗信1』(1949・技報堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家相の関連キーワード間取り黄蟻駒取り・小間取り歳殺地勢手間取りDK家屋台帳アリナ架構式構造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家相の関連情報