コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本豊前掾(1世) とみもとぶぜんのじょう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富本豊前掾(1世)
とみもとぶぜんのじょう[いっせい]

[生]享保1(1716)
[没]明和1(1764)
富本節の創始者。初めは宮古路品太夫。豊後節の禁止後,1世常磐津文字太夫の傘下に入り,常磐津小文字太夫を名のった。寛延1 (1748) 年常磐津節から独立,富本豊志太夫と改名して富本節を創流,翌年富本豊前掾 (1世は豊前「太夫」とは名のらなかった) となった。後援者である松平宗衍 (むねのぶ) から,流派創立の記念として祝賀曲『長生』の歌詞を贈られた。のちに筑前掾となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

富本豊前掾(1世)の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革徳川家継ケンペルケンペル享保改革蕪村徳川家継ナイーマー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android