コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛政の三博士 かんせいのさんはかせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寛政の三博士
かんせいのさんはかせ

寛政年間 (1789~1801) ,江戸幕府学制改革の中心となった3人の朱子学者のこと。諸政の改革に着手した老中松平定信は,諸学の分立抗争の弊を正すため,柴野栗山 (彦輔) ,岡田寒泉 (清助) ,尾藤二洲 (良佐) を湯島聖堂儒官とし,大学頭林信敬を助けて寛政異学の禁を実行し,朱子学による学問思想の統制にあたらせた。信敬の没後は述斎が大学頭となり,定信の引退後は古賀精里 (弥助) が寒泉の後任となり,栗山,二洲とともに聖堂を中心とする幕府の学制の改革をはかった。これにより,それまでの林家の私学的傾向の強かった聖堂は昌平坂学問所,幕府の官学として確立され,朱子学は幕府の正統的教学としての位置を確固たるものにした。諸藩も漸次これにならうようになり,「異学の禁」はその目的を達成しえた。そこで一般に栗山,二洲のほかに寒泉または精里を加えて寛政三博士,あるいは三助と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

寛政の三博士【かんせいのさんはかせ】

江戸時代後期,寛政(1789年―1801年)ころ,幕府の昌平黌(しょうへいこう)の教官であった柴野栗山(りつざん)・尾藤二洲(びとうじしゅう)・岡田寒泉(かんせん)の3人の朱子学者をいう。
→関連項目寛政異学の禁

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かんせいのさんはかせ【寛政の三博士】

寛政かんせいの三助さんすけ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛政の三博士
かんせいのさんはかせ

江戸後期の寛政(1789~1801)のころ、幕府学問所の昌平黌(しょうへいこう)儒官に登用され、朱子学の振興と学制の刷新に活躍した柴野栗山(しばのりつざん)(彦輔(ひこすけ))、岡田寒泉(かんせん)(清助(せいすけ))、尾藤二洲(びとうじしゅう)(良佐(りょうすけ))の3人をいう。あるいは、寒泉が代官に転出したあと儒官に登用された古賀精里(こがせいり)(弥助(やすけ))と、栗山、二洲の3人をさすこともある。いずれも、通称にスケの字がついているので、「寛政の三助」ともいわれた。[竹内 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寛政の三博士の言及

【古賀精里】より

…江戸中期の儒学者。名は樸,字は淳風,弥助と称す。精里は号。本姓は劉氏。佐賀藩士の家に生まれ,はじめ陽明学を学び京坂に遊学して朱子学に転ず。帰国後藩政に参与し藩校弘道館の教授となる。1796年(寛政8)幕府の儒者に抜擢されて学政の振興につとめ,柴野栗山,尾藤二洲とともに〈寛政三博士〉と称された。著作に《四書集釈》《大学纂釈》,施政の要を論じた《十事解》などがある。【頼 祺一】…

※「寛政の三博士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寛政の三博士の関連キーワード大塚先儒墓所寛政の三助朱子学派寛政改革竹内

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android