コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汲む/酌む クム

デジタル大辞泉の解説

く・む【×汲む/酌む】

[動マ五(四)]
器物や手のひらなどを使って、水などをすくい取る。また、ポンプなどの機械によって水などを容器に移し入れる。「井戸水を―・む」「釜から茶柄杓(びしゃく)で湯を―・む」
酒・茶などを器につぐ。また、ついで飲む。「お茶を―・む」
人の心の内を推し量る。立場・事情などを察してよく理解する。思いやる。酌量する。「苦しい心中を―・む」「相手の意向を―・む」
物事の趣を味わう。「―・めども尽きぬ思い」
「せめて弾く形の美しさに情趣を―・みたい」〈谷崎蓼喰ふ虫
精神・立場などを受け継ぐ。「アララギ派の流れを―・む」
[可能]くめる
[補説]2で、酒をつぐ場合は「酌む」と書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

汲む/酌むの関連キーワードカラヤン記念聖霊降臨祭音楽祭一河の流れを汲むも他生の縁掻い笥・搔い笥・匙笥東郷文弥節人形浄瑠璃隠岐国分寺蓮華会舞採菓汲水・採花汲水日州透かし象嵌潮汲み・汐汲み井上バレエ団菊摩呂こけし十津川の大踊籠で水を汲むI. イズー山村流ツネ派たくらみと恋チェコ兄弟団甘井先ず竭く一河の流れルサージュガーランド

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android