コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慮る オモンパカル

2件 の用語解説(慮るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おもん‐ぱか・る【慮る】

[動ラ五(四)]《「おもいはかる」の音変化。「おもんばかる」とも》周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす。「相手の体面を―・る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おもんぱかる【慮る】

( 動五[四] )
〔「おもいはかる」の転。「おもんばかる」とも〕
あれこれ思いめぐらす。考慮する。 「贅沢な二等室を選んだのも、美代子の便利を-・つた為めであるのに/羹 潤一郎」 「オモンバカル/日葡」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慮るの関連キーワード埋かる思い知る思ひ量る押っ掛る思ひ憚る取っ掛る取っ散らかる乗っ掛る目っかる寄っ掛る

慮るの関連情報