慮る(読み)オモンパカル

  • ▽慮る
  • おもんぱか・る

大辞林 第三版の解説

おもいはかるの転。おもんばかるとも
あれこれ思いめぐらす。考慮する。 贅沢な二等室を選んだのも、美代子の便利を-・つた為めであるのに/羹 潤一郎 オモンバカル/日葡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

慮るの関連情報