推察(読み)スイサツ

デジタル大辞泉の解説

すい‐さつ【推察】

[名](スル)他人の事情や心中を思いやること。おしはかること。推量。「おおよその推察がつく」「複雑な事情と推察する」
[用法]推察・推量推測――「愛児を失った親の胸中を測(推量・推)する」など、思いやるの意では相通じて用いられる。◇「推察」は事情や他人の心情などを思いやること。「お喜びのこととご推察申し上げます」◇「推量」はそうなるだろうと想像すること。「当て推量(ずいりょう)」という言い方があるように根拠の有無は問わない。◇「推測」は現在までにわかっていることがらをもとにして、他人の心情や事情などをおしはかること。「原因といっても、それは現段階での推測に過ぎない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいさつ【推察】

( 名 ) スル
物事の事情や他人の心中をあれこれ考え思いやること。 「遺族の心中を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

推察の関連情報