心当て(読み)ココロアテ

デジタル大辞泉「心当て」の解説

こころ‐あて【心当て】

心に頼みとすること。また、そのもの。心だのみ。「国の援助を心当てにする」
心の中で推し量ること。当て推量
「二度と通りかかるかどうかも解らないような、用のない裏町だけに、―のつけようもなかった」〈里見弴多情仏心
[類語]当て推量当てずっぽう憶測邪推勘ぐる忖度推察拝察高察賢察明察憫察びんさつ推測推量推考端倪たんげい類推酌量了察推認推断推定斟酌しんしゃく配慮揣摩しま揣摩憶測しまおくそく察し心配り気配り心遣い気遣い推し量る酌む酌み取る思い思い思いやるおもんぱかる推し当てる気を回す見越す察する感じ取る可能可能性有りポシブルポシビリティープロバビリティー将来性蓋然性公算成算望み伸び代予見予知余地予断目算駄目で元元駄目元見込み見通し見当読み見極め当て目当て目安目処めど展望目標予測予想予期目星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android