コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚本邦雄 ツカモトクニオ

5件 の用語解説(塚本邦雄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つかもと‐くにお〔‐くにを〕【塚本邦雄】

[1922~2005]歌人。滋賀の生まれ。前川佐美雄に師事。前衛短歌運動の旗手として活躍した。「日本人霊歌」で現代歌人協会賞、「不変律」で迢空(ちょうくう)賞、「魔王」ほかで現代短歌大賞。歌集「水葬物語」「水銀伝説」、評論に「定家百首」「茂吉秀歌」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塚本邦雄【つかもとくにお】

歌人,小説家,評論家。滋賀県生れ。彦根高商卒。戦後商社に入社,以後30年勤務する。《日本歌人》で作歌活動を開始。結社に所属することなく,歌集《水葬物語》(1951年),《装飾楽句》(1956年)を刊行,《日本人霊歌》(1958年)は現代歌人協会賞を受賞した。
→関連項目岡井隆中井英夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚本邦雄 つかもと-くにお

1920-2005 昭和後期-平成時代の歌人。
大正9年8月7日生まれ。前川佐美雄に師事し,昭和26年第1歌集「水葬物語」をだす。前衛短歌運動の旗手として活躍し,34年「日本人霊歌」で現代歌人協会賞。60年より「玲瓏(れいろう)」を主宰。平成元年「不変律」で迢空(ちょうくう)賞,5年「魔王」ほかで現代短歌大賞。きらびやかな歌風を展開した。平成元年近畿大教授。作家塚本青史の父。平成17年6月9日死去。84歳。滋賀県出身。評論に「茂吉秀歌」など。
【格言など】日本脱出したし 皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係りも(「日本人霊歌」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

つかもとくにお【塚本邦雄】

1922~2005) 歌人。滋賀県生まれ。第一歌集「水葬物語」の反写実、象徴主義的な歌風で前衛短歌の旗手となる。硬質で知的な抒情性は、従来の短歌を革新した。歌集「日本人霊歌」「詩歌変」、評論「定家百首」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塚本邦雄
つかもとくにお
(1920―2005)

歌人。滋賀県生まれ。神崎商業学校卒業。『水葬物語』(1952)、『装飾楽句(カデンツア)』(1956)、『日本人霊歌』(1958。現代歌人協会賞受賞)、『緑色研究』(1965)、『感幻楽』(1969)を経て、『約翰伝偽書(ヨハネでんぎしょ)』(2001)に至る24冊の歌集を刊行。喩(ゆ)とイメージを武器として危機時代の人間の魂を呼び覚ます高度に美学的な手法を完成。とくに第17歌集『波瀾(はらん)』(1989)以後、顕著になった戦争の記憶の作品化は、20世紀「遺書文学」の傑作として注目された。
 国体につひに考へ及びたる時凍蝶(いててふ)ががばと起てり 『黄金律』
 たとえばこの『黄金律』(1991)の「凍蝶」は、シベリアに抑留されて絶命した兵士のイメージを連想させるが、天皇の名を耳にしたとたん、彼らが「がば」と起(た)ちあがる幻想によって、死者をも支配する「国体」観念の恐ろしさにメスを入れることができた。思想的背景に、ヨーロッパ前衛芸術への理解と、キリスト教への関心があった。「現代の定家」を自負する作者の鬼才は、小説、評論、映画、シャンソンの領域にも及び、絢爛(けんらん)たる文体とともに、余人の追随を許さぬ独自の美学的世界を確立した。1990年(平成2)紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。[菱川善夫]
 馬を洗はば馬のたましひ冴(さ)ゆるまで人恋はば人あやむるこころ
『『塚本邦雄湊合歌集』(1982・文芸春秋) ▽『波瀾 歌集』(1989・花曜社) ▽『黄金律 歌集』(1991・花曜社) ▽『塚本邦雄全集』全15巻・別巻1(1998~2001・ゆまに書房) ▽『約翰伝偽書 歌集』(2001・短歌研究社) ▽『日本人霊歌 歌集』(短歌新聞社文庫) ▽岡井隆著『辺境よりの註訳――塚本邦雄ノート』(1973・人文書院) ▽塚本邦雄・寺山修司対談集『火と水の対話』(1977・新書館) ▽安森敏隆著『幻想の視覚――斎藤茂吉と塚本邦雄』(1989・双文社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塚本邦雄の関連キーワード伊藤冨雄熊田誠知念栄喜辻隆辻広内藤祐次新島繁(2)西村竜介福田甲子雄矢口洪一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塚本邦雄の関連情報