コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将軍後見職 しょうぐんこうけんしょく

3件 の用語解説(将軍後見職の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しょうぐんこうけんしょく【将軍後見職】

江戸時代末期、幕府が設けた臨時の職名。1862年7月、一橋慶喜が任ぜられたが、64年廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

将軍後見職【しょうぐんこうけんしょく】

江戸末期の幕府の役職。1862年幕府は尊皇攘夷(じょうい)派の,幕政改革の一として,一橋慶喜将軍後見職に,松平慶永(よしなが)を大老に登用するようにとの要求を入れ,慶喜を将軍後見職に任じた。
→関連項目政治総裁職寺田屋事件徳川家茂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぐんこうけんしょく【将軍後見職】

幕末の江戸幕府の役職。1862年(文久2)初頭から,京都での勢力を強めた薩摩・長州・土佐3藩の尊王攘夷派は,朝廷を動かして幕府を攘夷の立場に立たせようとした。この結果,5月,攘夷貫徹のための幕政改革の一環として,一橋慶喜を将軍後見職に,松平慶永を大老に登用せよとの勅諚が出た。勅使大原重徳島津久光の兵を伴って江戸へ下り,幕府に勅諚を伝えた。幕府はこれを受けいれ,7月,慶喜を将軍後見職に任じた。64年(元治1)3月,慶喜が禁裏守衛総督に転じた際,廃職となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

将軍後見職の関連キーワード菊池澹如御蔵政事総裁職船手頭運上方学問所奉行閣老定府膳奉行武具奉行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

将軍後見職の関連情報