コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将軍後見職 しょうぐんこうけんしょく

大辞林 第三版の解説

しょうぐんこうけんしょく【将軍後見職】

江戸時代末期、幕府が設けた臨時の職名。1862年7月、一橋慶喜が任ぜられたが、64年廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

将軍後見職【しょうぐんこうけんしょく】

江戸末期の幕府の役職。1862年幕府は尊皇攘夷(じょうい)派の,幕政改革の一として,一橋慶喜を将軍後見職に,松平慶永(よしなが)を大老に登用するようにとの要求を入れ,慶喜を将軍後見職に任じた。
→関連項目政治総裁職寺田屋事件徳川家茂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぐんこうけんしょく【将軍後見職】

幕末の江戸幕府の役職。1862年(文久2)初頭から,京都での勢力を強めた薩摩・長州・土佐3藩の尊王攘夷派は,朝廷を動かして幕府を攘夷の立場に立たせようとした。この結果,5月,攘夷貫徹のための幕政改革の一環として,一橋慶喜を将軍後見職に,松平慶永を大老に登用せよとの勅諚が出た。勅使大原重徳は島津久光の兵を伴って江戸へ下り,幕府に勅諚を伝えた。幕府はこれを受けいれ,7月,慶喜を将軍後見職に任じた。64年(元治1)3月,慶喜が禁裏守衛総督に転じた際,廃職となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

将軍後見職の関連キーワード平岡円四郎松平 慶永公武合体論政事総裁職大久保利通梅沢孫太郎参予会議山内容堂徳川慶喜幕末臨時職名

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android