コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原純友の乱 ふじわらのすみとものらん

百科事典マイペディアの解説

藤原純友の乱【ふじわらのすみとものらん】

承平・天慶の乱藤原純友

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのすみとものらん【藤原純友の乱】

10世紀に西海を中心に起こった反乱事件。山陽・九州・四国と京を結ぶ物資輸送の大動脈である瀬戸内海には,9世紀中葉以降海賊が出没した。一時その活動は鎮まるが,承平年間(931‐938)になると急に活動が活発化し,賊船1000余艘が海上に浮かんで官物奪取・殺害を続けたため,海上交通も途絶状態となった。朝廷はその対策として936年紀淑人を伊予守兼追捕南海道使に任じ,藤原純友らに海賊制圧のことを行わせた。淑人の柔軟で寛仁な海賊対策は効を奏し,1000人を超える海賊が帰順,その動きはいったん収まった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の藤原純友の乱の言及

【平安時代】より

…ただ〈延喜の治〉とたたえられた治績も,格式や国史の編纂などに律令政治の最後の花を咲かせたのにとどまり,有名な荘園整理令も,これを境として中央政府の地方支配を後退させた。醍醐の没後まもなく起きた平将門の乱藤原純友の乱は,朝廷に大きな衝撃を与えたが,これを〈承平・天慶(てんぎよう)の乱〉と名づけて,歴史の転換の標識とするのも理由なしとしない。946年(天慶9)即位した村上天皇は,朱雀朝以来の関白藤原忠平が没すると,摂関を置かず,忠平の2子実頼・師輔兄弟を左右大臣に配し,醍醐皇子重明親王や源高明を重用し,それらの協調の上に20年に及ぶ宮廷の平和と安定をもたらし,後世〈天暦(てんりやく)の治〉とうたわれる治世を現出した。…

※「藤原純友の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原純友の乱の関連キーワード承平・天慶の乱石清水臨時祭三ツ山大祭平将門の乱藤原忠文宇和島市朱雀天皇小野好古大宰府跡征西将軍賀茂忠行大蔵種材秋月氏大蔵氏周防国押領使地蔵崎追捕使小野氏源経基

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android