コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥の跡 トリノアト

デジタル大辞泉の解説

とり‐の‐あと【鳥の跡】

《中国上古、黄帝の時、蒼頡(そうけつ)が鳥の足を見て文字を作ったという故事から》文字。筆跡。また、手紙。
「―ひさしくとどまれらば」〈古今・仮名序〉
へたな文字や筆跡。
「陸奥国紙(みちのくにがみ)五六枚に、つぶつぶとあやしき―のやうに書きて」〈・橋姫〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とりのあと【鳥の跡】

〔昔、中国で、蒼頡そうけつという人が、鳥の足跡を見て文字を作ったという故事から〕
文字。手跡。また、文字を書いたもの。手紙など。 「水の上に浮きたる-もなくおぼつかなさを思ふころかな/新古今 恋一
手跡が下手へたなことのたとえ。 「心にくき所へ遣はす仰せ書などを、誰もいと-にしもなどかはあらむ/枕草子 158

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳥の跡の関連キーワード山名玉山戸田茂睡つぶつぶ枕草子見解く粒粒らば鳥跡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android