小松島(市)(読み)こまつしま

  • 小松島

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳島県東部、小松島湾に臨む市。徳島市南東部に接する。1951年(昭和26)市制施行。1956年坂野町を編入。JR牟岐(むぎ)線、国道55号が通じる。市街地は神田瀬(かんだせ)川の河口両岸にあり、北岸は港。市の発展は、1913年(大正2)徳島市と小松島間の鉄道開通に始まり、1934年の小松島港本港地区の完成で京阪神への玄関口の一つとなった。1948年開港場、1951年重要港湾に指定された。さらに1964年の新産業都市指定に伴い、小松島・徳島の両港を合併して小松島港とし(2000年徳島小松島港と改称)、また湾岸南部の金磯(かないそ)地区に1万トン岸壁が完成した。金磯は工業港として外材の輸入が多い。さらに赤石地区でも大型岸壁の整備が進められ、2011年からコンテナターミナルとして釜山とコンテナ定期航路が就航している。港湾周辺にはパルプ、木材などの工場が立地する。南部の立江(たつえ)地区は旧土佐街道に沿い、四国八十八か所第19番札所立江寺の門前町である。また田野地区には第18番札所の恩山寺がある。小松島湾東部の和田ノ鼻は砂州状の半島で海上自衛隊基地があり、浜堤(ひんてい)列を利用してキュウリ、イチゴの施設園芸が盛んである。沿岸ではシラスをはじめ、イカナゴ、イワシ、ハモなどの漁獲があり、ワカメ、ノリの養殖が行われる。市街北部の日峯(ひのみね)公園は好展望台で、恩山寺付近の旗山は源義経(よしつね)が平家追討の際に上陸した地と伝えられ、義経騎馬像が立てられている。阿波(あわ)の狸(たぬき)合戦として知られる金長たぬきの伝説が残されている。面積45.37平方キロメートル、人口3万8755(2015)。

[高木秀樹]

『『小松島市史』全3巻(1974~1988・小松島市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android