コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松島[市] こまつしま

2件 の用語解説(小松島[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小松島[市]【こまつしま】

徳島県東部,小松島湾に面する市。1951年市制。市街は藩政時代小松島浦と呼ぶ港町で,商業・金融の一中心をなし,大阪,江戸との藍(あい)の取引が盛んであった。1923年東洋紡績小松島工場ができて発展し,1964年新産業都市指定以来,臨海部に造船,鉄鋼,木工,製紙などの工場が誘致されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまつしま【小松島[市]】

徳島県東部,小松島湾に臨む港湾都市。1951年市制。人口4万3349(1995)。古くからの港町で,徳島の海の玄関であった。大正時代に入って徳島~小松島間の鉄道の開通,阿摂航路として大阪港との間の海運営業開始,東洋紡績の工場建設が相次ぎ,近代的な都市としての発展を始めた。1934年新港が完成し,48年には外国貿易が認められる開港場に指定された。さらに新港とその南の金磯にそれぞれ1万トン岸壁が完成し,前者は商業港,後者は工業港として利用されており,外材の輸入が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小松島[市]の関連キーワード社会福祉法電気事業ラジオ放送日本航空モロイコルタサルシプトンフライ液体不混和エピユー地向斜

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone