コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林正樹 こばやしまさき

5件 の用語解説(小林正樹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林正樹
こばやしまさき

[生]1916.2.14. 小樽
[没]1996.10.4. 東京
映画監督早稲田大学卒業。 1941年松竹に入社。翌年応召,46年帰国。木下恵介助監督を経て,『息子の青春』 (1952) 以後監督。重厚な力作が多い。初期の『まごころ』 (53) ,『この広い空のどこかに』 (54) の庶民的な抒情的佳作で注目され,BC級戦犯の手記の映画化『壁あつき部屋』 (53) は松竹により 56年まで上映延期されるという不運にあいながら,以後現代社会を批判した『あなた買います』 (56) や日中戦争を批判した『人間の条件』 (6部作,59~61) の大作を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こばやし‐まさき【小林正樹】

[1916~1996]映画監督。北海道の生まれ。木下恵介に師事。「息子の青春」で監督デビュー。力強いタッチの社会派作品で知られる。代表作は、全6部の大作「人間の条件」、記録映画東京裁判」のほか、「切腹」「怪談」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林正樹 こばやし-まさき

1916-1996 昭和後期-平成時代の映画監督。
大正5年2月14日生まれ。木下恵介に師事。昭和27年「息子の青春」で監督デビュー。「あなた買います」「黒い河」のあと,34年からの「人間の条件」6部作でベネチア映画祭サン-ジョルジュ賞。「切腹」「怪談」でカンヌ国際映画祭審査員特別賞。記録映画「東京裁判」も話題となった。平成8年10月4日死去。80歳。北海道出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こばやしまさき【小林正樹】

1916~1996) 映画監督。北海道生まれ。「壁あつき部屋」「人間の条件」「切腹」などで国家や社会と個人との軋轢を描いた。ほかに「黒い河」や記録映画「東京裁判」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林正樹
こばやしまさき
(1916―1996)

映画監督。大正5年2月14日、北海道小樽(おたる)区(現、小樽市)に生まれる。1941年(昭和16)早稲田(わせだ)大学文学部を卒業して松竹に助監督として入社。1952年(昭和27)に『息子の青春』を監督第一作として発表。しばらくは師匠だった木下恵介(けいすけ)の作風に似た抒情的な青春映画をつくっていたが、1953年、BC級戦犯の苦悩を扱った『壁あつき部屋』で注目される。1959年から1961年にかけて日本人の戦争責任に真向から取り組んだ『人間の條件(じょうけん)』6部作を9時間の大作として発表、日本の戦争映画の最良の作品とした。堂々とした構えの力いっぱいの大作を得意とし、1962年のカンヌ国際映画祭審査員特別賞を得た『切腹』や、1964年ふたたび同じ賞を得た小泉八雲(やくも)原作の『怪談』などは、そうした本領を発揮した作品として国際的にも広く知られている。ほかに東京国際裁判(極東国際軍事裁判)の法廷のやりとりをアメリカ側が記録したフィルムなどをもとにしてつくった長篇ドキュメンタリー作品『東京裁判』(1983)がある。平成8年10月4日没。[佐藤忠男]

資料 監督作品一覧

息子の青春(1952)
まごころ(1953)
壁あつき部屋(1953)
三つの愛(1954)
この広い空のどこかに(1954)
(うる)わしき歳月(1955)
泉(1956)
黒い河(1956)
あなた買います(1956)
人間の條件 第一部純愛篇・第二部激怒篇(1959)
人間の條件 第三部望郷篇・第四部戦雲篇(1959)
人間の條件 完結篇 第五部死の脱出・第六部曠野の彷徨(1961)
からみ合い(1962)
切腹(1962)
怪談(1964)
上意討ち 拝領妻始末(1967)
日本の青春(1968)
いのちぼうにふろう(1971)
化石(1975)
燃える秋(1978)
東京裁判(1983)
食卓のない家(1985)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林正樹の関連キーワード小樽商科大学エヌ没・歿勃・歿・没北海道小樽市色内北海道小樽市祝津北海道小樽市花園北海道小樽市港町小樽の女

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林正樹の関連情報