小林正樹(読み)こばやしまさき

日本大百科全書(ニッポニカ)「小林正樹」の解説

小林正樹
こばやしまさき
(1916―1996)

映画監督。大正5年2月14日、北海道小樽(おたる)区(現、小樽市)に生まれる。1941年(昭和16)早稲田(わせだ)大学文学部を卒業して松竹助監督として入社。1952年(昭和27)に『息子の青春』を監督第一作として発表。しばらくは師匠だった木下恵介(けいすけ)の作風に似た抒情的な青春映画をつくっていたが、1953年、BC級戦犯の苦悩を扱った『壁あつき部屋』で注目される。1959年から1961年にかけて日本人の戦争責任に真向から取り組んだ『人間の條件(じょうけん)』6部作を9時間の大作として発表、日本の戦争映画の最良の作品とした。堂々とした構えの力いっぱいの大作を得意とし、1962年のカンヌ国際映画祭審査員特別賞を得た『切腹』や、1964年ふたたび同じ賞を得た小八雲(やくも)原作の『怪談』などは、そうした本領を発揮した作品として国際的にも広く知られている。ほかに東京国際裁判(極東国際軍事裁判)の法廷のやりとりをアメリカ側が記録したフィルムなどをもとにしてつくった長篇ドキュメンタリー作品『東京裁判』(1983)がある。平成8年10月4日

[佐藤忠男]

資料 監督作品一覧

息子の青春(1952)
まごころ(1953)
壁あつき部屋(1953)
三つの愛(1954)
この広い空のどこかに(1954)
美(うる)わしき歳月(1955)
泉(1956)
黒い河(1956)
あなた買います(1956)
人間の條件 第一部純愛篇・第二部激怒篇(1959)
人間の條件 第三部望郷篇・第四部戦雲篇(1959)
人間の條件 完結篇 第五部死の脱出・第六部曠野の彷徨(1961)
からみ合い(1962)
切腹(1962)
怪談(1964)
上意討ち 拝領妻始末(1967)
日本の青春(1968)
いのちぼうにふろう(1971)
化石(1975)
燃える秋(1978)
東京裁判(1983)
食卓のない家(1985)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小林正樹」の解説

小林正樹
こばやしまさき

[生]1916.2.14. 小樽
[没]1996.10.4. 東京
映画監督。早稲田大学卒業。 1941年松竹に入社。翌年応召,46年帰国。木下恵介の助監督を経て,『息子の青春』 (1952) 以後監督。重厚な力作が多い。初期の『まごころ』 (53) ,『この広い空のどこかに』 (54) の庶民的な抒情的佳作で注目され,BC級戦犯の手記の映画化『壁あつき部屋』 (53) は松竹により 56年まで上映延期されるという不運にあいながら,以後現代社会を批判した『あなた買います』 (56) や日中戦争を批判した『人間の条件』 (6部作,59~61) の大作を発表。さらにカンヌ国際映画祭で『切腹』 (62) ,『怪談』 (65) が特別賞を受け,国際的地位を確立した。そのほか『上意討ち』 (67) ,『いのちぼうにふろう』 (71) ,『化石』 (75) ,『燃える秋』 (78) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小林正樹」の解説

小林正樹 こばやし-まさき

1916-1996 昭和後期-平成時代の映画監督。
大正5年2月14日生まれ。木下恵介に師事。昭和27年「息子の青春」で監督デビュー。「あなた買います」「黒い河」のあと,34年からの「人間の条件」6部作でベネチア映画祭サン-ジョルジュ賞。「切腹」「怪談」でカンヌ国際映画祭審査員特別賞。記録映画「東京裁判」も話題となった。平成8年10月4日死去。80歳。北海道出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android