コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅村 こすげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小菅〔村〕
こすげ

山梨県北東部,秩父山地大菩薩峠東方にある村。多摩川最上流部の小菅川と,桂川の支流鶴川の上流域を占め,谷沿いに集落がある。ワサビコンニャクを特産。日本で初めてヤマメ人工孵化に成功し,ヤマメの里としても知られる。大菩薩峠への登山道が通り,観光業が立地。秩父多摩甲斐国立公園に属する。国道 139号線が通じる。面積 52.78km2。人口 726(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小菅村の関連キーワード山梨県北都留郡平山キャンプ場小菅村の要覧小菅(村)長作観音堂こすげ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小菅村の関連情報