コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井[市] こがねい

百科事典マイペディアの解説

小金井[市]【こがねい】

東京都中部の市。1958年市制。JR中央線,西武多摩川線が通じる。かつては武蔵野の農村であったが,関東大震災後1926年中央本線に武蔵小金井駅が開設されて,住宅地として発展,特に第2次大戦後急激に住宅地化した。東京学芸大,東京農工大工学部,法政大工学部などがあって,南隣の国立市と並ぶ学園都市となった。桜で名高い玉川上水の小金井堤(名勝),小金井公園,江戸東京たてもの園などがある。11.30km2。11万8852人(2010)。
→関連項目東京学芸大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こがねい【小金井[市]】

東京都のほぼ中央,区部西郊にある市。1958年市制。人口10万9279(1995)。武蔵野台地上にある市域は中央部よりやや南を東西に走る段丘崖で上下2段にわけられる。段丘崖のふもとの湧水帯に小金井,貫井などの古い本村が発生したが,北半の上段は玉川上水の開削により享保年間(1716‐36)にはじめて新田集落がつくられた。長い間畑作中心の純農村であったが,1926年に中央本線武蔵小金井駅が開設されると近郊住宅地として発展を始め,とくに第2次大戦後の人口増加はめざましかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小金井[市]の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android