コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井[市] こがねい

2件 の用語解説(小金井[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小金井[市]【こがねい】

東京都中部の市。1958年市制。JR中央線,西武多摩川線が通じる。かつては武蔵野の農村であったが,関東大震災後1926年中央本線に武蔵小金井駅が開設されて,住宅地として発展,特に第2次大戦後急激に住宅地化した。
→関連項目東京学芸大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こがねい【小金井[市]】

東京都のほぼ中央,区部の西郊にある市。1958年市制。人口10万9279(1995)。武蔵野台地上にある市域は中央部よりやや南を東西に走る段丘崖で上下2段にわけられる。段丘崖のふもとの湧水帯に小金井,貫井などの古い本村が発生したが,北半の上段は玉川上水の開削により享保年間(1716‐36)にはじめて新田集落がつくられた。長い間畑作中心の純農村であったが,1926年に中央本線武蔵小金井駅が開設されると近郊住宅地として発展を始め,とくに第2次大戦後の人口増加はめざましかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小金井[市]の関連キーワード岸信介内閣テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史アイトマートフアラビア石油[株]ケラワック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone