尖圭コンジローマ(読み)せんけいコンジローマ(英語表記)Condyloma acuminatum

六訂版 家庭医学大全科「尖圭コンジローマ」の解説

尖圭コンジローマ
せんけいコンジローマ
Condyloma acuminatum
(直腸・肛門の病気)

どんな病気か

 男性の肛門周囲や陰茎、女性の腟周囲に小さな乳頭状のいぼ散在または密集する病気です(図29)。

原因は何か

 ヒトパピローマウイルス(HPV)によるSTDとして知られています。80を超える遺伝子型のうち、尖圭コンジローマは6型、11型HPVによるものとされています。潜伏期間は3週~8カ月(平均2.8カ月)です。HPVをもった相手との性行為によって感染し、その70%が発病するといわれています。

 海外では、肛門部発症者の多くが、同性愛者か両性愛者であったという報告もあります。新生児を含む小児の肛門部発症の報告例も多数あります。一般に男女比に差はありませんが、肛門周囲発症例においては圧倒的に男性に多いようです。

 最近の研究では、尖圭コンジローマ自体の悪性や、女性の外陰部に発生する扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんや子宮(しきゅう)がんの原因として尖圭コンジローマが関係しているという報告もあります。

 10代の若い男女にも尖圭コンジローマが増えていること(尖圭コンジローマの15%)、出産時における産道での感染を思わせる新生児の発病もあります。性風俗の変化に伴い、口唇での発生が欧米を先頭に世界的に増加しています。

症状の現れ方

 小さく、やや白っぽい乳頭状疣贅(ゆうぜい)いぼ)が散在または密集し、痛みやかゆみ、分泌物を伴います。

 本症の特殊な病変として、巨大尖圭コンジローマ(ブシュケ・ローエンシュタイン腫瘍)が有名です。乳頭腫(にゅうとうしゅ)が密集し、急激に増加して巨大な腫瘤(しゅりゅうかい)を形成し、悪臭を放ち、悪性化することもあります。約21%に悪性化を起こします。

検査と診断

 肛門部の診察が大切で、視診でほぼ100%診断できますが、紛らわしい時は組織検査をします。女性で会陰部(えいんぶ)に病変が及ぶ場合には、子宮がんの多発する子宮頸部(けいぶ)での発症が少なくないので、婦人科で診察を受ける必要があります。小児では、肛門皮垂(こうもんひすい)と紛らわしい場合もあります。

治療の方法

①外科的方法

 できるだけ正常な皮膚を残して、ごく一部の皮膚といぼをいっしょに切除し、開放(そう)として自然治癒させます。肛門管に病変が及んでいる場合は、切除後の肛門狭窄(きょうさく)の防止に注意します。小さい場合やわずかな再発巣は、電気メスで焼きます。

 産婦人科では、炭酸ガスレーザーによる蒸散もよく用いられます。

②抗ウイルス薬軟膏塗布

 以前は、フルオロウラシル(5­FU)軟膏の塗布が最も広く知られていましたが、創面が潰瘍を作り、疼痛や変形の原因となることがありました。最近はイミキモド軟膏が発売され、病変切除後の再発予防に有効なことがあります。ブレオマイシンの局所注射や軟膏剤の塗布などが有効との報告もあります。

③その他

 漢方薬であるヨクイニン(薏苡仁)の内服や、10%尿素含有軟膏(ウレパール)の外用が有効であるという報告があります。

病気に気づいたらどうする

 性行為で相手に感染するので、性行為に際してコンドームをつけるなりして、防備を十分にしてください。6~12カ月はパートナーも同時に治療が必要です。早急に肛門専門医または婦人科医、泌尿器科を受診してください。


尖圭コンジローマ
せんけいコンジローマ
Condyloma acuminatum
(女性の病気と妊娠・出産)

どんな病気か

 主に性行為によって、ヒトパピローマウイルス(HPV、コラム)が感染して腫瘤(しゅりゅう)(いぼ)ができる病気です。代表的な性行為感染症(STD、コラム)のひとつで、尖圭コンジローマの人と性行為をすると、60~80%が感染するといわれています。

 好発年齢は10代後半~30代前半で、いぼがよくできる部位は外陰・腟・子宮頸部(けいぶ)の皮膚および粘膜で、臀部(でんぶ)や腹部、大腿にまで広がることはないといわれています。外陰部のなかでは、会陰(えいん)や腟入口後部、小陰唇に多くできます。

 外陰部の尖圭コンジローマの多くはHPVの6型および11型が発生原因で、がんとの関係はほとんどないと考えられています。

症状の現れ方

 HPVの感染が成立するには、皮膚の表層の細胞ではなく基底層の細胞への感染が必要なので、いぼがよくできるのは性行為で表皮に損傷を受けやすい部位です。HPVの潜伏期は3週~6カ月とされています。感染後平均約3カ月の潜伏期間をへて、いぼが形成されます。

 症状は、尖圭コンジローマ自体ではいぼが触れたり、帯下(たいげ)(おりもの)が増えるだけですが、トリコモナス腟炎やカンジダ外陰・腟炎淋菌(りんきん)感染などを伴うことも多いため、かゆみや痛みなどを感じることもあります。

 子宮頸部や腟の尖圭コンジローマでは無症状のこともあります。そのため、子宮頸がん検診での細胞診の異常をきっかけに発見されることが少なくありません。

検査と診断

 外陰部などに発生する典型的なものは、角化が強く、隆起したいぼの表面が無数の(とが)った硬い突起で埋めつくされており(鶏冠様(けいかんよう))、大きないぼを形成することもあります。このようなタイプは視診だけでも容易に診断できますが、角化の不十分な病変やいぼの形成が不完全な初期病変などでは、診断に苦慮することも少なくありません。

 区別すべき病気として、ボーエン様丘疹症(きゅうしんしょう)(HPV16型の感染などによる前がん病変)、外陰がんなどがあり、組織の一部を切り取って診断することが重要です。

治療の方法

 外科的切除、電気凝固、冷凍療法、レーザー蒸散などの外科的療法が一般的でしたが、最近イミキモドクリーム(ベセルナクリーム)が外用薬として用いられることが多くなりました。

 尖圭コンジローマは再発が多いと主張する専門家もいますが、腟や子宮頸部の病変の制御が不十分な場合に再発するという意見もあります。

病気に気づいたらどうする

 外陰部のいぼに気づいた場合は、婦人科への受診をすすめます。

関連項目

 子宮頸がん外陰がん性行為感染症(コラム)、ヒトパピローマウイルス(コラム)

八杉 利治

尖圭コンジローマ(女性)
せんけいコンジローマ(じょせい)
Condyloma acuminatum (female)
(感染症)

どんな感染症か

 ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルス(ヒトパピローマウイルス、HPV)の6型または11型の感染によって発生する性器の「いぼ」です。手足にできるいぼと違って、先が(とが)っているのが特徴です(尖も圭も尖っているという意味)。

 主に性行為で感染します。性器ヘルペスと並んで、代表的なウイルス性の性感染症です。感染してから発症するまでの潜伏期は、平均3カ月と長いのが特徴です。このウイルスに感染していても無症状のことが多いこともわかっています。

 ヒト乳頭腫ウイルスにはたくさんの種類がありますが、16型、18型などは子宮頸(けい)がんの原因に深く関わっていることがわかり、注目されています。

症状の現れ方

 外陰部(性器の外側の部分)の粘膜や皮膚面に、先の尖った小さいいぼが多発します。なかには平坦な形をしたものもあります。女性では、腟入口部、大小陰唇、会陰(えいん)、肛門などにできることが多いのですが子宮の入口や腟壁にもできることがあります。痛みはほとんどなく、かゆみや異物感程度です。

検査と診断

 独特な形をしたいぼなので、外陰部の所見でほとんど診断できます。子宮の入口にできた時は細胞をこすり取ったり、組織を採取して病理組織学的に診断することもあります。最近では、ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスの検出もできるようになりました。

治療の方法

 従来から凍結療法(液体窒素(ちっそ)など)、電気焼灼(しょうしゃく)、レーザー蒸散、メスによる切除などの外科的治療法が行われてきましたが、最近、局所に塗って治療する新しいクリーム(5%イミキモドクリーム)が保険で使えるようになりました。週3回、就寝時に塗り、翌朝洗い落とすというものです。

 治るまでに時間がかかりますが、自宅で治療できる利点があります。

病気に気づいたらどうする

 ウイルス性の病気で性行為で感染するため、気づいたら治療するようにしましょう。

 尖圭コンジローマががん化することはほとんどないと思われますが、尖圭コンジローマに似た外陰の悪性病変もあるので医師に診てもらいましょう。最近、尖圭コンジローマを予防するワクチンが開発されました。

川名 尚

尖圭コンジローマ
せんけいコンジローマ
Condyloma acuminatum
(男性生殖器の病気)

どんな病気か

 生殖器、とくに陰茎(いんけい)にできる良性の腫瘍で、ウイルスによって広まる性行為感染症のひとつです。女性では、原因のウイルスと子宮頸(けい)がんとの関連が推定されています。

原因は何か

 性行為によって広まるヒトパピローマウイルス(HPV)6型、11型の感染により引き起こされます。このウイルスに感染した人がすべてすぐに発症するわけではなく、ウイルスが体内に潜んでいるだけの人がかなりいるといわれています。そのため、うつされた相手がはっきりしない場合も多くみられます。

症状の現れ方

 陰茎、亀頭の皮膚にできる無痛性の腫瘍です。もろくて軟らかく、乳頭状に発育し、多発するとカリフラワー状を示します。まれには尿道粘膜に生じることもあり、肛門周囲の皮膚や口腔にできることもあります。いったん治療して消えても、ウイルスが皮下に潜んでいて再発を繰り返すことがよくあります。

検査と診断

 梅毒(ばいどく)でみられる扁平(へんぺい)コンジローマと違って先のとがったおできで、多発すると鶏冠(けいかん)状を示すため、多くは見た目で判定できます。判断が難しい場合は、一部を切除して顕微鏡検査で判定します。

治療の方法

 5­FU軟膏、尿素軟膏などの塗り薬も効果があるといわれていますが、一般的には液体窒素(ちっそ)による凍結凝固、レーザー、電気メスによる焼灼(しょうしゃく)(焼き切る)などが有効です。大きかったり、多発、再発する場合はまわりの皮膚を含めて切除します。

 これらの治療によって一時的に腫瘍は消えますが、ウイルスは周囲の皮膚に潜んでいるため20~50%の再発率があると報告されています。

病気に気づいたらどうする

 正常の陰茎にも1~2㎜の小さないぼのようなぶつぶつがみられることがありますが、これは治療の必要はありません。

 しかし、陰茎にできる腫瘤(しゅりゅう)(おでき)には悪性のものや性行為でうつるものまでさまざまなものがあり、気になるおできを見つけたら、一度皮膚科か泌尿器科にかかるほうがよいでしょう。診断が確定したらきちんと治るまで性行為はひかえるか、コンドームを使用してください。

関連項目

 陰茎がん

岸田 健

尖圭コンジローマ(男性)
せんけいコンジローマ(だんせい)
Condyloma acuminatum (male)
(感染症)

どんな感染症か

 尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス6型/11型により引き起こされる性感染症で、このウイルスの16型、18型などは陰茎がんの発生と関連しています(女性では子宮頸がん)。

症状の現れ方

 男性では、亀頭(きとう)冠状溝(かんじょうこう)包皮(ほうひ)、肛門周囲、外尿道口に病変が生じることが多く、まれに尿道や膀胱に発生します。潜伏期間は1~6カ月(平均3カ月)です。病変は痛みはなく、乳頭状や鶏冠状(けいかんじょう)とさかのような)のいぼが増殖し、集まってみられたり、多発する傾向があります。接触により出血したり、感染を起こし、ただれたようになることもあります。

検査と診断

 尖圭コンジローマはその特徴的な外観から診断が容易ですが、確定診断には病理組織学的診断が必要です。可能であればヒトパピローマウイルスのDNA型を調べることが望ましいとされています。

治療の方法

 尖圭コンジローマには自然消失が認められることもありますが、原則的には何らかの治療が必要です。外科的治療と薬物治療がありますが、日本では外科的治療が中心です。近年、イミキモド(ベセルナ)クリームが発売されましたが、これは隔日で週に3回病変部に塗布するものです。コンジローマが消えるまでには時間がかかるため、16週間継続する必要があります。

病気に気づいたらどうする

 陰茎(いんけい)にできるほかの腫瘤(しゅりゅう)形成病変(いぼのようなかたまり)や陰茎がんと区別するため、泌尿器科を受診してください。いろいろな治療法を用いてもある程度再発することは予想されるので、長期間の経過観察が必要です。眼で見てわかるコンジローマがある時には感染性が高いと考えられるので、性行為は避けたほうがよいでしょう。

國島 康晴, 塚本 泰司

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「尖圭コンジローマ」の解説

尖圭コンジローマ
せんけいこんじろーま

人のいぼのウイルスによる病気で、外陰部にいぼのような腫(は)れ物が多発する。尖圭コンジロームとも。大半は性行為によって感染するが、ときには例外もある。男性では陰茎冠状溝、包皮、肛門(こうもん)周囲に発生し、女性では陰唇(いんしん)の粘膜面、会陰(えいん)部、肛門周囲に出現するが、とくに妊娠のときにおりもの(こしけ)が多いと多数発生しやすい。この病気の症状は、カリフラワーまたはニワトリのとさかのような表面をもつ大小の隆起が多発して、表面が軟らかくなって悪臭を伴うことが多い。男性に生ずる巨大尖圭コンジローマは包茎の際に出現することが多いが、肛門周囲にも発生することがある。一部を切除して顕微鏡検査をすれば、悪性腫瘍(しゅよう)との鑑別ができる。治療には液体窒素を使用する冷凍療法や電気焼灼(しょうしゃく)療法が行われているが、ときには外科的治療が必要なときもある。また、皮膚(がん)に用いる軟膏(なんこう)による治療も試みられている。

[岡本昭二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「尖圭コンジローマ」の解説

せんけいコンジローマ【尖圭コンジローマ condyloma acuminatum】

男女の主として外陰に発生する乳嘴状,凹凸不平のいぼ状増殖物。淡紅色を呈し,しばしば多数が集まってカリフラワー状の腫瘤を形成する。個々の腫瘤は米粒大から小指頭大のものまでみられる。男性では陰茎冠状溝や包皮などに,女性では陰唇,腟口周囲などに好発し,そのほか会陰,肛門周囲などにも生ずる。原因は性交によるウイルス感染と考えられる。とくに局所が不潔で湿潤している場合に発生しやすい。なかでも妊娠や淋病による帯下増量時は局所が湿潤しがちなため,発生しやすいことが知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の尖圭コンジローマの言及

【いぼ(疣)】より

…つよいかゆみや,発赤などの炎症症状をともなって急速に全身のいぼがいっせいに消失することがある。(4)尖圭(せんけい)コンジローマcondyloma acuminatum 外陰部にみられるいぼで,やわらかで赤みがつよく,ニワトリのとさかのような形をしている。主として性交によって感染し,小児,老人にはほとんどみられない。…

【いぼ(疣)】より

…つよいかゆみや,発赤などの炎症症状をともなって急速に全身のいぼがいっせいに消失することがある。(4)尖圭(せんけい)コンジローマcondyloma acuminatum 外陰部にみられるいぼで,やわらかで赤みがつよく,ニワトリのとさかのような形をしている。主として性交によって感染し,小児,老人にはほとんどみられない。…

※「尖圭コンジローマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android