尾上 梅幸(7代目)(読み)オノエ バイコウ

20世紀日本人名事典の解説

尾上 梅幸(7代目)
オノエ バイコウ

大正〜平成期の歌舞伎俳優 歌舞伎座芸術監督。



生年
大正4(1915)年8月31日

没年
平成7(1995)年3月24日

出生地
東京市赤坂区(現・東京都港区)

本名
寺島 誠三

別名
別名=藤間 勘九郎,前名=尾上 丑之助(4代目),尾上 菊之助(3代目)

屋号
音羽屋

学歴〔年〕
日本俳優学校〔昭和5年〕卒

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞文部大臣賞〔昭和22年〕,テアトロン賞〔昭和39年〕,日本芸術院賞〔昭和41年〕,名古屋演劇ペンクラブ年間賞〔昭和43年〕,紫綬褒章〔昭和49年〕,NHK放送文化賞〔昭和50年〕,勲三等瑞宝章〔昭和62年〕,文化功労者〔平成6年〕

経歴
幼くして6代目菊五郎の養子となり、大正10年6歳で4代目尾上丑之助を名乗り初舞台。昭和10年3代目尾上菊之助を襲名。22年7代目尾上梅幸を襲名。24年尾上菊五郎劇団結成と同時に劇団理事。35年10月ニューヨーク高等演劇研究所に歌舞伎講師、37年11月西ベルリン世界パントマイム祭に日本代表として出席。40年訪欧公演、44年訪米公演、54年訪中公演に参加。父譲りの踊りと世話物の女方で、近代的で清新な明るい芸風を確立。6代目中村歌右衛門と共に昭和の二大女方といわれる。43年人間国宝、51年芸術院会員。平成6年歌舞伎座の初代芸術監督に就任。同年文化功労者に選ばれる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

尾上 梅幸(7代目)
オノエ バイコウ


職業
歌舞伎俳優

肩書
歌舞伎座芸術監督 重要無形文化財保持者(歌舞伎女形)〔昭和43年〕,日本芸術院会員〔昭和51年〕

本名
寺嶋 誠三(テラジマ セイゾウ)

別名
別名=藤間 勘九郎,初名=尾上 丑之助(4代目),前名=尾上 菊之助(3代目)

屋号
音羽屋

生年月日
大正4年 8月31日

出生地
東京市 赤坂区(東京都 港区)

学歴
日本俳優学校〔昭和5年〕卒

経歴
幼くして6代目尾上菊五郎の養子となり、大正10年6歳で4代目尾上丑之助を名乗り初舞台。昭和10年3代目尾上菊之助を襲名。15年「京鹿子娘道成寺」を初演。22年7代目尾上梅幸を襲名。24年6代目菊五郎没後、尾上菊五郎劇団を結成、劇団理事となる。35年10月ニューヨーク高等演劇研究所で歌舞伎講師を務め、37年11月西ベルリン世界パントマイム祭に日本代表として出席。40年訪欧公演、44年訪米公演、54年訪中公演、63年戦後初の韓国公演に参加。父譲りの踊りと世話物の女形で、近代的で清新な明るい芸風を確立。6代目中村歌右衛門と共に昭和の二大女形といわれた。43年人間国宝、51年日本芸術院会員。平成6年歌舞伎座の初代芸術監督に就任。同年文化功労者に選ばれる。他の当たり役に「廓文章」の夕霧太夫、「源氏物語」の玉鬘、「魚屋宗五郎」の女房、「毛谷村」のお園など。また、女形にとどまらず、「仮名手本忠臣蔵」の塩治判官、「勧進帳」の源義経などの美男子役も当たり役とした。著書に「梅と菊」がある。

所属団体
日本俳優協会(副会長)

受賞
日本芸術院賞(昭40年度)〔昭和41年〕,文化功労者〔平成6年〕 紫綬褒章〔昭和49年〕,勲三等瑞宝章〔昭和62年〕 芸術祭賞〔昭和22年〕,テアトロン賞〔昭和39年〕,名古屋演劇ペンクラブ年間賞〔昭和43年〕,NHK放送文化賞〔昭和50年〕

没年月日
平成7年 3月24日 (1995年)

家族
養父=尾上 菊五郎(6代目),長男=尾上 菊五郎(7代目),孫=寺島 しのぶ(女優),尾上 菊之助(5代目)

親族
伯父=尾上 梅幸(6代目)

伝記
歌舞伎リアルタイム―同時代の演劇批評日本の舞踊拍手は幕が下りてから伝統の美 歌舞伎―昇華された芸の世界女方―歌舞伎のヒロインたち人の情けの盃を 大矢 芳弘 著渡辺 保 著尾上 梅幸 著梅村 豊,大塚 清吾 写真津田 類 文,吉田 千秋 写真山川 静夫 著(発行元 森話社岩波書店NTT出版立風書房朝日新聞社淡交社 ’04’91’89’89’88’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

尾上 梅幸(7代目) (おのえ ばいこう)

生年月日:1915年8月31日
大正時代-平成時代の歌舞伎役者
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android