コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 たて

12件 の用語解説(館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


たて

(1) 「たち」「やかた」とも読む。もともと,六位以下の家柄をさしたが,次いでその邸宅をさすようになった。特に平安時代には国司郡司の邸宅をさしたが,中期以降,地方土豪の武士化につれて,砦など軍備を伴った居所を意味するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん〔クワン〕【館】

大きな建物。「万博のアメリカ
図書館・博物館など、「館」と名のつく建物・施設。「の運営」「の財産」

かん【館】[漢字項目]

[音]カン(クヮン)(漢)(呉) [訓]やかた たち
学習漢字]3年
大きな建物・屋敷。「館舎帰館公館商館洋館
宿屋。「旅館
役所。「大使館
公共の建物・施設。「映画館図書館博物館
学校・道場などの名に添える語。「弘道館明倫館
[補説]「舘」は俗字。
[名のり]たて

たち【館】

国司郡司などの官舎。
「甲斐国に―の侍なりけるものの、夕ぐれに―をいでて」〈宇治拾遺・三〉
貴人の邸宅。やかた。
「ほととぎす―を通してといふ許になくときくにも」〈かげろふ・下〉
貴人を敬っていう語。やかた。
「大弐の御―の上の」〈・玉鬘〉
小規模の城塞をなした地方豪族の居所。多く土塁や壕が巡らしてあった。屋敷。たて。
「次の日兵衛佐の―へ向かふ」〈平家・八〉

たて【館】

土塁や堀を巡らした住居。規模の小さい城。たち。「衣川の
「城郭をかまへず堀一重の御―に御座候事」〈甲陽軍鑑・三九〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

館【たて】

(1)東北地方で,周囲に堀や土塁を巡らした防御施設を持つ遺跡を呼ぶ。〈楯〉とも記す。〈〉とほぼ同義語。(2)中世の城砦的住居。〈たち〉とも。平安中期からの土豪武士の居館は,盗賊や局地的紛争に備え,門・櫓,土塁・堀をもつ半城郭的なもので,堀ノ内(ほりのうち)・土居(どい)・城内(きのうち)とも呼称。
→関連項目蠣崎氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たち【館】

中世の城塞的居館。古代では鴻臚館(こうろかん)のように,対外使節等の接待・宿泊機能を持つ客舎をいい,〈むろつみ〉とも訓まれた。また国衙・郡家・駅家(うまや)に付属する官人の宿所も館舎と称した。さらに貴人の第宅をも表わし〈たち〉ないし〈たて〉とも訓んだ。この時期までは城・柵・塞と異なり軍事的建造物の意はまったくなかった。 平安中期,関東に蟠踞(ばんきよ)した武士団的土豪の多くは経済的・軍事的重要地点に館を構築し,盗賊や局地的紛争に備えたので,館が城郭と同様の軍事的意味を帯びるようになった。

たて【館】

東北地方では,土塁,空堀などの防御施設をもつ遺跡は,一般に〈たて〉と呼ばれ,その所在に基づいて館山(たてやま),古館(こだて),館(たて)などの地名が各地に数多く残されている。〈たて〉は〈たち〉であり,普通は〈館〉の字をあてるが,〈楯〉の場合もある。その呼び名は古代までさかのぼるものであろう。かつて東北地方の館は,土着民(蝦夷(えみし))が自分たちの集落を取り込む形でつくった防御施設で,律令政府が蝦夷征討のために設置した〈城柵〉に対応するものであるとの見解があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かん【館】

大きな建物。やかた。邸宅。
[句項目]

たち【館】

貴人や官吏などの宿舎。たて。 「守かみの-より、呼びにふみもて来たなり/土左」
貴人の邸宅。やかた。 「この浜の-にこころやすくおはします/源氏 明石
貴人を敬っていう語。 「大弐の御-の上の/源氏 玉鬘
小規模の城。とりで。 「楠が-へ行向つて/太平記 3

たち【館】

姓氏の一。

たて【館】

たち(館) 」に同じ。多く関東・東北地方で用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【道観】より

…中国で,道教の道士が居住して修行し,祭儀を行うところ。治,館,観,庵,宮,廟などともいう。その起源は後漢末に成立した五斗米道(天師道)教団の置いた24治にあるといわれる。…

【屋形】より

…鎌倉期に入ると幕府要人の邸宅や家臣の居所など,身分ある者の邸宅との意が生じた。とくに東国を中心に,地方居住の在地領主(武士)の居館を屋形と表現した記録が多い。南北朝時代に入ると,《太平記》などの軍記文学によって将軍,執事,探題など,武士階層中のとくに有力支配者の邸宅のみを〈屋形〉と記す表現法が初めて生じ,他方,武士一般の居宅は屋形の称を使わなくなった。…

【城】より


〔日本〕
〈城〉という言葉には,建物だけをさす用語法もあるが,建物の設けられた一定区画の土地とその防御施設も含めた総体をさす用語法の方が正しい。また,居住施設としての比重の高い(たて)や環濠集落,あるいは城壁で囲まれた都市を含める場合もあるが,その場合は城郭や城館という語を用いた方がよい。【村田 修三】
【古代】
 古代の城柵は7世紀中ごろの天智朝以前の神籠石(こうごいし)と,天智朝に唐や新羅に対する防備のため対馬の金田城,讃岐の屋島城をふくむ九州から大和にまで築いた城,8世紀の怡土(いと)城などの西国の防御的な山城(さんじよう∥やまじろ)と,8,9世紀に東北経営の拠点として築いた平城(ひらじろ)または平山城(ひらやまじろ)に分けることができる。…

【根小屋】より

…中世後期山城(やまじろ)の麓にあった城主の館やその周辺の屋敷地。おもに東国で用いられた語で,後に集落の地名となって根古屋,猫屋などと書かれることもある。…

※「館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

館の関連キーワード尊卑尊・貴春花の御校顕栄イタリア幻想曲/貴賓室の怪人II

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

館の関連情報