(読み)たち

精選版 日本国語大辞典 「館」の意味・読み・例文・類語

たち【館】

〘名〙
貴人官吏などの宿泊する官舎官邸
書紀(720)欽明三一年七月(北野本訓)「高麗使者相楽(さはら)の館(タチ)に饗たまふ」
② 貴人の邸宅。やかた。
万葉(8C後)一七・三九四三・題詞「集于守大伴宿禰家持舘宴歌」
源氏(1001‐14頃)明石「女などは、岡辺の宿に移して住ませければ、この浜のたちに、こころやすくおはします」
③ 貴人を敬っていう語。やかた。
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「大弐の御たちの上の、清水の御寺の観世音寺に」
外敵を防ぐのに適当な地形などを利用して造った小規模のとりでや住居。小さな城。たて
※高野本平家(13C前)八「次日兵衛佐の館(タチ)へむかふ」

たて【館】

〘名〙
① 防御設備をそなえた豪族の邸宅。多く、関西地方で「たち」というのに対して奥羽地方でいう。
今昔(1120頃か)二五「鶴脛・比与鳥の楯等同じく落して、次に厨川・嫗戸二つの楯に至り囲て」
上野国群馬県)多野郡山名の館というところで産するタバコ
※俳諧・功用群鑑(1681頃)地「実(げに)や館(タテ)二葉よりして若たばこ〈吟笑〉」

かん クヮン【館】

〘名〙 貴人や豪族、国司などの宿舎や邸宅。やかた。たち。
※続日本紀‐宝亀九年(778)一〇月乙未「属祿山乱、常館彫弊」 〔詩経‐鄭風・緇衣〕

たち【館】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「館」の意味・読み・例文・類語

かん【館】[漢字項目]

[音]カン(クヮン)(漢)(呉) [訓]やかた たち
学習漢字]3年
大きな建物・屋敷。「館舎帰館公館商館洋館
宿屋。「旅館
役所。「大使館
公共の建物・施設。「映画館図書館博物館
学校・道場などの名に添える語。「弘道館明倫館
[補説]「舘」は俗字。
[名のり]たて

たち【館】

国司郡司などの官舎。
「甲斐国に―の侍なりけるものの、夕ぐれに―をいでて」〈宇治拾遺・三〉
貴人の邸宅。やかた。
「ほととぎす―を通してといふ許になくときくにも」〈かげろふ・下〉
貴人を敬っていう語。やかた。
「大弐の御―の上の」〈・玉鬘〉
小規模の城塞をなした地方豪族の居所。多く土塁や壕が巡らしてあった。屋敷。たて。
「次の日兵衛佐の―へ向かふ」〈平家・八〉

かん〔クワン〕【館】

大きな建物。「万博のアメリカ
図書館・博物館など、「館」と名のつく建物・施設。「の運営」「の財産」

たて【館】

土塁や堀を巡らした住居。規模の小さい城。たち。「衣川の
「城郭をかまへず堀一重の御―に御座候事」〈甲陽軍鑑・三九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「館」の意味・わかりやすい解説

館 (たて)

東北地方では,土塁,空堀などの防御施設をもつ遺跡は,一般に〈たて〉と呼ばれ,その所在に基づいて館山(たてやま),古館(こだて),館(たて)などの地名が各地に数多く残されている。〈たて〉は〈たち〉であり,普通は〈館〉の字をあてるが,〈楯〉の場合もある。その呼び名は古代までさかのぼるものであろう。かつて東北地方の館は,土着民(蝦夷(えみし))が自分たちの集落を取り込む形でつくった防御施設で,律令政府が蝦夷征討のために設置した〈城柵〉に対応するものであるとの見解があった。また,北海道に分布するチャシとも深い関係をもち,北海道や東北地方など蝦夷地に固有なものであるとも考えられた。しかし,こうした見解ははなはだ疑問である。むしろ,館跡はその大部分が中世に属し,武士階級が歴史的・社会的条件に対応しながら築造し,地域支配の軍事的・政治的拠点として使用したものである。その数は東北地方全体で約5000に達する。規模や構造も大小さまざまあるが,関東地方以西の城郭と共通する点が多い。したがって,〈館〉ということばは,いわゆる〈城(しろ)〉とほぼ同義語であり,城郭を指すものと考えた方がよい。館跡の発掘調査では,平場(郭,腰郭),土塁,空堀,水堀,通路,井戸,土倉跡,掘立柱建物跡,竪穴式住居跡(兵舎,倉庫)などの遺構とともに,中国製品を含む陶磁器,古銭,硯,武具(鎧の破片,鏃,槍先,刀の破片,小柄,笄(けい)),石臼など多種類の遺物が豊富に発見される。このため,館跡は当時の土木技術,商品の流通,武士階級の実生活などを探る資料として,文献史料の少ない東北地方の中世史研究にとって,きわめて重要である。
 →(たち)
執筆者: 館は青森,秋田,岩手の各県にやや濃厚に分布するが,南は山形県や新潟県にまで及ぶ。それらの立地は丘陵,台地,山麓の先端部であり,しかもその地形の先端を切断するように空濠を造成し,館を囲んでいる。館は時代によりその意味が異なる。古代において,国司・郡司の舎宅,貴人・官吏などの邸宅や寓舎のことを指し,古代末から中世にかけて地方豪族の城砦的住宅を意味するようになった。辺要では柵館ともいった。なおその立地点によって,すなわち丘陵や山丘にあるものを山館,舌状台地の先端に位置し,平地に臨むのを平館,低地に立地するものを沼館という。さらに構造上,単郭,単濠単郭,単濠複郭,複濠複郭および空濠組合郭の5類型に分けられる。
チャシ
執筆者:

館 (たち)

中世の城塞的居館。古代では鴻臚館(こうろかん)のように,対外使節等の接待・宿泊機能を持つ客舎をいい,〈むろつみ〉とも訓まれた。また国衙・郡家・駅家(うまや)に付属する官人の宿所も館舎と称した。さらに貴人の第宅をも表わし,〈たち〉ないし〈たて〉とも訓んだ。またこの時期までは城・柵・塞と異なり,軍事的建造物の意はまったくなかった。

 平安中期,関東に蟠踞(ばんきよ)した武士団的土豪の多くは経済的・軍事的重要地点に館を構築し,盗賊や局地的紛争に備えたので,館が城郭と同様の軍事的意味を帯びるようになった。居館の内外には,従類・伴類といった同族的武士や家内奴隷的な下人・所従を居住させ,付近には牧畜の柵をめぐらし,農業経営と軍事的要塞を兼ねた建築を施したのである。今日残存する東国武士居館の遺構によれば,本館の周囲には門・戸・櫓(やぐら)を設け,塀墻(へいしよう)で囲み,土塁と堀を構築した半城郭的なものが多い。相模上浜田遺跡(神奈川県海老名市)や上野矢嶋遺跡(群馬県高崎市)はその代表的な遺構で,改変が加わっているが,新田氏の居館等もその範疇に入る。ただ《将門記》によると平将門の居館石井は築城設備が少なく,まだこの段階では戦闘の際には舎宅を捨てて山野に戦場を選んでいたらしい。本格的に軍事的居館が登場するのは,平忠常の乱や前九年の役あたりと推定されている。ただし東北地方では,安倍氏の居館等を総称して,〈厨川柵〉のような〈柵〉の字をあてていた。1180年(治承4)に源頼朝が挙兵して襲撃した伊豆山木館の戦などは本格的な居館に対する攻城戦で,以後は居館と城郭がしばしば同義語として頻出する。

 なお奥羽北部以北では,丘陵突端部に造築された砦を指す場合が多い。城塞または土塁の意であって,古代朝鮮語のサシ(城)との関連が考えられるが,〈館〉との関係は未詳とされている。鎌倉期以降は〈やかた〉と読むようになり,屋形の字をあて,守護大名等の尊称となった。
 →(たて)
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「館」の意味・わかりやすい解説

館【たて】

(1)東北地方で,周囲に堀や土塁を巡らした防御施設を持つ遺跡を呼ぶ。〈楯〉とも記す。〈〉とほぼ同義語。(2)中世の城砦的住居。〈たち〉とも。平安中期からの土豪武士の居館は,盗賊や局地的紛争に備え,門・櫓,土塁・堀をもつ半城郭的なもので,堀ノ内(ほりのうち)・土居(どい)・城内(きのうち)とも呼称。鎌倉期以降,城郭化が進み,城郭の同義語としても使用される。また〈やかた〉(屋形とも書く)と読まれ,館主の尊称に用いられ,室町時代には守護大名などの呼称となった。→山城
→関連項目蠣崎氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「館」の意味・わかりやすい解説


たて

(1) 「たち」「やかた」とも読む。もともと,六位以下の家柄をさしたが,次いでその邸宅をさすようになった。特に平安時代には国司郡司の邸宅をさしたが,中期以降,地方土豪の武士化につれて,砦など軍備を伴った居所を意味するようになった。山館 (やまだて) ,平館,沼館などがそれである。戦国時代から安土桃山時代にかけて,大名によって改修され,近世の城郭となったものが多い。江戸時代には一国一城令により,館は城に含まれないものとなった。仙台藩では,城砦の種類として,城,館,要害,その他に分けたが,館は城の次に位し,藩主の一族,重臣などの城砦を意味した。 (2) 奥羽,北海道には土城址と呼ばれるものがある。アイヌ語でチャシと呼ばれ,館の一類型を示すが,館とチャシとの関係,チャシの起源には分明でないところが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「館」の解説


たち

(1)「たて・やかた」とも。古代では政庁や公的な官舎をさした。平安中期以降各地に勢力をもった武士の日常拠点。(2)「たて」とも。屋形とも。鎌倉時代以降の武士の居館。虎口(こぐち)には櫓門(やぐらもん)を備え,塀や柵・築地で守られたが,13世紀以降堀と土塁を巡らしたものへ発達。室町時代には守護の拠点として1辺200mにも及ぶものが広く出現。戦国期には大名から村落領主まで重層的に形成され,それぞれ内部の空間構成に違いがあった。(3)「たて」とも。東北地方の中世城館の一般的名称。いくつかの館が集合し,一つの拠点的な城郭を造るのが特色。


たて

館(たち)


やかた

館(たち)

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

世界大百科事典(旧版)内のの言及

【道観】より

…中国で,道教の道士が居住して修行し,祭儀を行うところ。治,館,観,庵,宮,廟などともいう。その起源は後漢末に成立した五斗米道(天師道)教団の置いた24治にあるといわれる。…

【根小屋】より

…中世後期山城(やまじろ)の麓にあった城主の館やその周辺の屋敷地。おもに東国で用いられた語で,後に集落の地名となって根古屋,猫屋などと書かれることもある。…

【屋形】より

…鎌倉期に入ると幕府要人の邸宅や家臣の居所など,身分ある者の邸宅との意が生じた。とくに東国を中心に,地方居住の在地領主(武士)の居館を屋形と表現した記録が多い。南北朝時代に入ると,《太平記》などの軍記文学によって将軍,執事,探題など,武士階層中のとくに有力支配者の邸宅のみを〈屋形〉と記す表現法が初めて生じ,他方,武士一般の居宅は屋形の称を使わなくなった。…

【城】より


〔日本〕
〈城〉という言葉には,建物だけをさす用語法もあるが,建物の設けられた一定区画の土地とその防御施設も含めた総体をさす用語法の方が正しい。また,居住施設としての比重の高い(たて)や環濠集落,あるいは城壁で囲まれた都市を含める場合もあるが,その場合は城郭や城館という語を用いた方がよい。【村田 修三】
【古代】
 古代の城柵は7世紀中ごろの天智朝以前の神籠石(こうごいし)と,天智朝に唐や新羅に対する防備のため対馬の金田城,讃岐の屋島城をふくむ九州から大和にまで築いた城,8世紀の怡土(いと)城などの西国の防御的な山城(さんじよう∥やまじろ)と,8,9世紀に東北経営の拠点として築いた平城(ひらじろ)または平山城(ひらやまじろ)に分けることができる。…

※「館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android