地獄谷温泉(読み)じごくだにおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地獄谷温泉
じごくだにおんせん

富山県南東部,立山の西にある温泉。立山町に属し,黒部ダム黒部湖)の北西に位置する。古立山火山の爆裂口にあり,付近には変化に富んだ噴気孔や硫気孔がある。泉温 86℃,泉質硫黄泉。立山,剱岳の登山基地で,中部山岳国立公園に属する。

地獄谷温泉
じごくだにおんせん

長野県北東部,志賀高原の北西斜面,志賀高原に源を発する横湯川の谷間にある閑静な温泉。山ノ内町に属する。泉質は石膏性苦味泉で,泉温 50~90℃。リウマチ神経痛皮膚病に効能があるといわれる。新湯田中,安代(あんだい),渋,上林(かんばやし),穂波角間,熊ノ湯,発哺(ほっぽ)とともに山ノ内温泉郷を構成。十数mの高さに水蒸気を噴き上げる渋の地獄谷噴泉は国の天然記念物に指定されている。長野電鉄長野線湯田中駅から志賀高原への入口にあたる。上信越高原国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じごくだに‐おんせん ヂゴクだにヲンセン【地獄谷温泉】

[一] 長野県北東部、山ノ内町にある山ノ内温泉郷の一つ。横湯川に沿う。泉質は含食塩石膏性苦味泉。リウマチ、神経痛などにきく。噴泉は天然記念物、野猿が入浴することで有名。
[二] 富山県南東部、立山町にある温泉。立山の地獄谷にある。泉質は酸性泉。リウマチ、神経痛などにきく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地獄谷温泉の関連情報