コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中平九郎(初代) やまなか へいくろう

2件 の用語解説(山中平九郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中平九郎(初代) やまなか-へいくろう

1642-1724 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
寛永19年生まれ。公家悪(くげあく)を得意とし,江戸実悪(じつあく)の開山(かいさん)といわれる。怨霊事にもすぐれ,研究中の鬼女の隈取(くまどり)をみた妻は失神したという。「平九郎隈」にその名をのこす。享保(きょうほう)9年5月15日死去。83歳。初名は鈴木平九郎。俳名は仙家。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山中平九郎(初代)

没年:享保9.5.15(1724.7.5)
生年:寛永19(1642)
江戸前・中期の歌舞伎役者。俳名仙家。初名鈴木平九郎。元禄2(1689)年江戸中村座で演じた時平大臣の大評判をはじめ「参会名古屋」の正親町太宰之丞などの公家悪に定評を得て,「実悪の開山」と称されるに至った。以後,上方の藤川武左衛門,片岡仁左衛門と並び称される江戸実悪の第一人者として活躍しつづけた。落ち着いた仕打ちのこまかな芸風で,もっとも得意とする公家悪,怨霊事のほか,実事,敵役,愁嘆事などにもすぐれており,芸達者であった。実悪として演じる「曾我」の工藤祐経も当たり役のひとつで,江戸歌舞伎の悪の表現様式は平九郎によってつくりあげられたものである。背が高くやせており,歯が抜けているために口跡が悪かったが声は大きく,憎々しい顔付きをしていた。そのため,舞台の上でにらみつけると観客の子供が怖がって泣き出すといわれ,自宅で鬼女の隈取を試みていたところ,それを見た妻が恐ろしさに失神したという逸話もある。実際,面をつけずに生まれつきの顔を彩って鬼と見せる名人とたたえられ,彼の般若の隈取は「平九郎隈」として現在に伝わっている。平九郎の名跡は,江戸中期の3代目までで途絶えている。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1期,『歌舞伎事始』(『日本庶民文化史料集成』6巻)

(加藤敦子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山中平九郎(初代)の関連キーワード歌舞伎役者市川宗三郎(2代)市川雷蔵(2代)小佐川常世(2代)桐山紋次(初代)玉松小十郎段助中村勘之丞坂東三八(2代)森田勘弥(7代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone