山勢 松韻(3代目)(読み)ヤマセ ショウイン

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

山勢 松韻(3代目)
ヤマセ ショウイン


職業
箏曲家(山田流)

肩書
山勢派家元(3代目),東京音楽学校教授

本名
吉田 専吉

別名
幼名=千吉,前名=慶専,都名(いちな)=慶賀一,別称=山勢検校(3代目)(ヤマセケンギョウ)

生年月日
弘化2年 7月28日

出生地
江戸・下谷仲徒士町(東京都 台東区)

経歴
3歳で失明。2代目山勢検校の門弟。慶応2年山清匂当となり、明治4年山勢匂当と改名。その後、職屋敷廃止のため山勢松韻と名乗る。13年文部省音楽取調掛(東京音楽学校の前身)に出仕、24年同校教授を兼務し、萩岡松韻、今井慶松ら多くの門弟を育成した。日本最初の洋式五線譜による「箏曲集」の編纂に力を尽くした。作曲に「都の春」「花の雲」「朧月」「松島八景」などがある。また二一絃筝の製作もした。

没年月日
明治41年 9月9日 (1908年)

家族
養女=山勢 ふく(山勢派4代目家元)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

山勢 松韻(3代目) (やませ しょういん)

生年月日:1932年12月6日
昭和時代;平成時代の箏曲家(山田流)

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android