コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮沼 はすぬま

4件 の用語解説(蓮沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓮沼
はすぬま

千葉県東部,山武市南東部の旧村域。九十九里平野に位置し,東部は太平洋に面する。 1889年村制施行。 2006年成東町,山武町,松尾町と合体して山武市となった。かつてはイワシ漁業で栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蓮沼
はすぬま

千葉県中東部、山武(さんぶ)郡にあった旧村名(蓮沼村(むら))。現在は山武(さんむ)市の北東部に位置する地域。旧蓮沼村は1889年(明治22)武射(むさ)郡蓮沼村と平野(ひらの)新田が合併して成立、1897年山武郡に属した。2006年(平成18)、山武郡成東(なるとう)町、山武町、松尾(まつお)町と合併して市制施行、山武市となった。旧村域は九十九里浜に面する。鉄道、道路とも隣接町域を通過しているが、JR総武本線横芝(よこしば)駅、成東駅からバスが通じる。古来、イワシ漁と米作の半農半漁村であったが、現在は米作のほか養豚、養鶏やエシャロットなどの野菜生産が盛んである。建設省(現、国土交通省)のレクリエーション都市構想のもとに蓮沼海浜公園が造成され、公園内には14のプールをもつウォーターガーデンが1975年(昭和50)に開設された。以後、一帯でレクリエーション開発が進み、テニスガーデン、アスレチックガーデン、スポーツプラザなどができ、ホテルも建設された。五所神社本殿は県指定文化財で、場面が12ある十二面神楽(かぐら)が2月第3日曜日に舞われる。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮沼の関連キーワード千葉県山武郡九十九里町粟生千葉県山武郡九十九里町千葉県山武郡九十九里町小関千葉県山武郡九十九里町作田千葉県山武郡千葉県山武郡九十九里町宿千葉県山武郡九十九里町西野千葉県山武郡九十九里町不動堂松尾〈町〉千葉県山武市松尾町松尾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蓮沼の関連情報