コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山王遺跡 さんのういせき

1件 の用語解説(山王遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんのういせき【山王遺跡】

宮城県栗原郡一迫町真坂の,長崎川北岸の自然堤防上にある縄文時代から弥生時代にかけての遺跡。1964年,一迫小学校体育館建設の予備調査で多数の遺物が出土したので,東北大学考古学研究室が65年に発掘調査を行った。その結果,遺物包含層が地表下3mに達し,縄文時代晩期中葉(第VII層~IV層)から弥生時代中期(第III層)にかけての土器が多数出土した。とくにV層以下はクルミの殻が厚く堆積した泥炭層で,籃胎漆器(らんたいしつき),櫛,腕輪,耳飾,紐状製品などの植物性遺物が数多く発見され,学界の注目を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山王遺跡の関連キーワード伊治呰麻呂堂島姉歯の松栗原一迫正安伊藤善右衛門佐藤祐之高階重信宮城鶴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone