コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩戸遺跡 いわといせき

世界大百科事典 第2版の解説

いわといせき【岩戸遺跡】

大分県大野郡清川村大字臼尾字岩戸にある旧石器時代遺跡。遺跡は眼下に大野川をのぞむ段丘上にあり,現在の河床から比高32mの高さである。以前から地元の研究者によって石器類が採集されていたが,1967年に芹沢長介による正式の発掘が行われ,第1,第2,第3の三つの文化層の存在が認められた。第1文化層は鹿児島県に噴出源をもつ姶良(あいら)火山灰より上部と考えられ,年代は前2万2000年より新しいと考えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

いわといせき【岩戸遺跡】


大分県豊後大野市清川町にある墓群。大野川とその支流の奥岳川が合流する標高117mの河岸段丘上に所在する。遺跡は基盤の阿蘇凝灰岩の上に火山灰が堆積し、その間に複数の遺物包含層が残されている。最初の調査では多数の石器とともに、約2万年前のものと推定されるこけし形石偶(せきぐう)が出土し、人体の形をした遺物としては日本の旧石器時代の遺跡で最初に出土したものとされる。その後、旧石器時代の集石墓とみられる遺構が発見され、内部から人間の右側上顎犬歯や切歯の細片4点、海産の貝殻片などが出土。三稜尖頭器(せんとうき)、ナイフ形石器なども見つかり、1981年(昭和56)に国の史跡に指定された。質量ともに豊富な出土遺物や複数の文化層、集石墓と推定される遺構の存在などから、日本を代表する旧石器時代の遺跡といわれている。清川歴史民俗資料館で出土品を展示。JR豊肥本線豊後清川駅から車で約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩戸遺跡
いわといせき

大分県豊後大野(ぶんごおおの)市清川町(きよかわまち)臼尾(うすお)字岩戸にある旧石器時代遺跡。1967年(昭和42)に東北大学チームが、1979年には清川村教育委員会が、それぞれ発掘調査を行った。ローム層中には8枚の旧石器文化層があるが、上から2番目の約1万8000年前と推定される文化層中にはナイフ形石器、尖頭器(せんとうき)、スクレーパーのほかに緑泥片岩製のこけし形石偶(せきぐう)が含まれ、また河原石を配した集石墓と思われる遺構も発見された。[芹沢長介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩戸遺跡の言及

【旧石器時代】より

…約2万5000年前からヨーロッパと同じような石刃技法が出現し,約2万年前からはナイフをはじめとする各器種の変化が著しくなり,約1万5000年前からは細石器という名で呼ばれる組合せ道具としての細石刃が発達する。石器以外の石製品としては,緑泥片岩を用いたこけし形石偶が大分県岩戸遺跡から発掘されており,また北海道湯ノ里遺跡および美利河(びりか)遺跡では,ともに暗緑色の石製ビーズが出土した。前者はべんがらを散布した墓壙の底から発見されたという。…

※「岩戸遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩戸遺跡の関連キーワード大分県豊後大野市清川町臼尾清川〈村〉清川[村]大分(県)大分県

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android