コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩木[町] いわき

2件 の用語解説(岩木[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

岩木[町]【いわき】

青森県中津軽郡,津軽平野南西部と岩木山を占める旧町。弘前(ひろさき)市に接し,リンゴ,米の多産地である。岩木山麓に百沢(ひゃくさわ),(だけ),湯段(ゆだん)などの温泉群がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いわき【岩木[町]】

青森県西部,中津軽郡の町。人口1万2397(1995)。弘前市の西にあり,岩木山とそのすそ野を占め,東部は津軽平野にかかる。中心の賀田(よした)は津軽藩の祖といわれる大浦光信が1502年(文亀2)大浦城を築いた地で,大浦氏(津軽氏)による津軽平定の拠点であった。沖積平野には水田,岩木山東麓の標高300m以下にはリンゴ園が多く,町の中心産業となっている。岩木山麓一帯では1962年から国営開拓パイロット事業として酪農化がすすめられ,百沢地区には岩木実験農場が置かれたが,経営不振のため8年目には解散した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩木[町]の関連キーワード津軽津軽国定公園津軽半島五所川原弘前鰺ヶ沢今別つがるつるたふかうら

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone