コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩村田 いわむらだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩村田
いわむらだ

長野県東部,佐久市の中心市街地の1つ。近世中山道宿場町で,内藤氏1万 5000石の陣屋がおかれた。旧岩村田町,次いで旧浅間町の中心市街地で,1961年佐久市の一部となったが,明治以来,佐久盆地北半の行政上の中心をなし,現在も地方行政機関が集中している。商店街は国道 141号線 (佐久甲州街道) に沿う。天然記念物ヒカリゴケ自生地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわむらだ【岩村田】

信濃国(長野県)佐久郡の大名陣屋町,中山道宿場町。地名の初出は1447年(文安4)。古代の大井郷,中世の八条院領大井荘の中心集落。中世後期には守護小笠原氏の一族大井氏が支配し,その最盛期には民家6000軒,六斎市がたち,国府にまさる繁栄と伝える。甲斐武田氏の支配をへて,1582年(天正10)以後小諸城主依田氏,仙石氏,松平氏領,1682年(天和2)幕府領,1703年(元禄16)以降新封の岩村田藩内藤氏1万6000石の陣屋町となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩村田
いわむらだ

長野県佐久(さく)市の中心集落。旧岩村田町、のち旧浅間(あさま)町。近世、中山道(なかせんどう)の宿駅と城下町(内藤氏)として発展、近代的な商店街をなし、鼻顔稲荷(はなづらいなり)神社がある。JR小海(こうみ)線岩村田駅がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩村田の言及

【佐久[市]】より

…1961年浅間町,野沢町,中込(なかごみ)町,東村が合体,市制。当時,浅間町に属していた岩村田は,中世の大井荘の地で,江戸時代岩村田藩の陣屋町であった。明治以降は北佐久郡の行政中心地として発達。…

※「岩村田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩村田の関連キーワード佐久市子ども未来館小林 多津衛長野県佐久市佐藤 寅太郎佐久(市)立川 雲平長野(県)大井 政子岡村 政子中能島松声佐久[市]内藤正縄角田忠行菊池貫平中能島派安藤信勇内藤正誠内藤信民内藤正興閼伽流山

岩村田の関連情報