岩波書店[株](読み)いわなみしょてん

  • 岩波書店

百科事典マイペディアの解説

1913年東京の神田神保町に岩波茂雄開業。初め古本屋であったが,1914年夏目漱石の《こゝろ》で出版界に乗り出し,《哲学叢書》《漱石全集》で地位を確保した。1927年岩波文庫,1938年岩波新書の刊行を開始,また月刊誌として1921年学術雑誌《思想》,1946年総合雑誌《世界》を創刊。古典の普及と現実的要求に沿った学術書の出版活動により,いわゆる〈岩波文化〉を形成,〈講談社文化〉と対比された。岩波茂雄没後の1949年株式会社となり,現在は社長も岩波家の世襲を脱した。2000年に岩波現代文庫,2002年には岩波アクティブ新書を創刊。
→関連項目国書総目録新書判新村猛高野悦子横浜事件吉野源三郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

岩波茂雄が創業した出版社。1913年東京神田神保町に古本屋を開業,そのかたわら翌14年に夏目漱石《こゝろ》を出版し,出版業の基礎を築いた。漱石と岩波書店の機縁はここに始まる。漱石存命中に《硝子戸の中》《道草》を,没後17年より漱石全集を刊行する。一方,古本屋開業のころ哲学雑誌》の発行を引き受けた。その後,西田幾多郎阿部次郎,安倍能成らの協力によって15年《哲学叢書》を刊行し,大正年間には40点を超えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岩波書店[株]の言及

【世界】より

…岩波書店発行の月刊総合雑誌。第2次大戦の敗戦直後,岩波茂雄は,戦争への反省から,国民の間に批判精神を培う月刊雑誌の必要を痛感し,友人安倍能成らのすすめもあって,1946年1月創刊した。…

※「岩波書店[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android