コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰定寺 ブジョウジ

4件 の用語解説(峰定寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶじょう‐じ〔ブヂヤウ‐〕【峰定寺】

京都市左京区にある修験系の単立寺院。山号は大悲山。開創は久寿元年(1154)、開山は観空西念。享保年間(1716~1736)に元快が再興。本堂はがけに臨んだ舞台造り。北大峰(きたおおみね)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶじょうじ【峰定寺】

京都市左京区にある寺。大悲(だいひ)山と号し,本山修験宗に属したが,現在は単立寺院。北山連峰の山中に位置する。寺伝によれば,1154年(久寿1)西念(観空)が石窟に堂を建立し,本尊千手観音(重要文化財)を安置して開創。当初は大悲山寺とも称し,鳥羽法皇の勅願で不動明王像と毘沙門天像(ともに重要文化財)が施入された。開基の西念は大峰や熊野で修行した験者で,鳥羽法皇の帰依を受け,当寺の造営も法皇の援助で藤原通憲(信西)が奉行となって進められ,縁起も信西の撰述である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶじょうじ【峰定寺】

京都市左京区にある寺。山号は大悲山。1154年、西念の開創。享保年間(1716~1736)に元快が中興。修験者の行場。大悲山寺。北大峰。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

峰定寺
ぶじょうじ

京都市左京区花背原地(はなせはらち)町にある単立寺院。山号は大悲山(だいひざん)。本尊は千手観音(せんじゅかんのん)。開山は天台系の修験(しゅげん)者観空西念(かんくうさいねん)で、1154年(久寿1)に三間の堂を創建して千手観音を安置したのに始まる。このとき鳥羽(とば)上皇は不動明王・毘沙門天(びしゃもんてん)を奉納。1159年(平治1)には藤原忠通(ただみち)が法成寺(ほうじょうじ)領から35町を割いて寺領とし、同年に平清盛(きよもり)も仏舎利を奉納するなど、京都北部の修験道場、および聖地となっていた。しかし鎌倉時代末ころに延暦(えんりゃく)寺と三井(みい)寺(園城(おんじょう)寺)が峰定寺の支配をめぐって争ったため荒廃した。その後、本山修験宗聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)の支配となり、享保(きょうほう)年間(1716~36)に元快(げんかい)が中興した。鎌倉時代の様式を残す本堂、阿伽井(あかい)屋、仁王(におう)門は国重要文化財。また、創建以来の本尊千手観音像、不動明王像、毘沙門天像も国重要文化財である。[水谷 類]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

峰定寺の関連キーワード貴船山途中越粟田黒谷大悲大悲閣大悲者岡崎動物園カナート洛北京都観世会館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

峰定寺の関連情報