峰定寺(読み)ブジョウジ

世界大百科事典 第2版の解説

ぶじょうじ【峰定寺】

京都市左京区にある寺。大悲(だいひ)山と号し,本山修験宗に属したが,現在は単立寺院。北山連峰の山中に位置する。寺伝によれば,1154年(久寿1)西念(観空)が石窟に堂を建立し,本尊千手観音(重要文化財)を安置して開創。当初は大悲山寺とも称し,鳥羽法皇の勅願で不動明王像と毘沙門天像(ともに重要文化財)が施入された。開基の西念は大峰や熊野で修行した験者で,鳥羽法皇の帰依を受け,当寺の造営も法皇の援助で藤原通憲(信西)が奉行となって進められ,縁起も信西の撰述である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶじょうじ【峰定寺】

京都市左京区にある寺。山号は大悲山。1154年、西念の開創。享保年間(1716~1736)に元快が中興。修験者の行場。大悲山寺。北大峰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

峰定寺
ぶじょうじ

京都市左京区花背原地(はなせはらち)町にある単立寺院。山号は大悲山(だいひざん)。本尊は千手観音(せんじゅかんのん)。開山は天台系の修験(しゅげん)者観空西念(かんくうさいねん)で、1154年(久寿1)に三間の堂を創建して千手観音を安置したのに始まる。このとき鳥羽(とば)上皇は不動明王・毘沙門天(びしゃもんてん)を奉納。1159年(平治1)には藤原忠通(ただみち)が法成寺(ほうじょうじ)領から35町を割いて寺領とし、同年に平清盛(きよもり)も仏舎利を奉納するなど、京都北部の修験道場、および聖地となっていた。しかし鎌倉時代末ころに延暦(えんりゃく)寺と三井(みい)寺(園城(おんじょう)寺)が峰定寺の支配をめぐって争ったため荒廃した。その後、本山修験宗聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)の支配となり、享保(きょうほう)年間(1716~36)に元快(げんかい)が中興した。鎌倉時代の様式を残す本堂、阿伽井(あかい)屋、仁王(におう)門は国重要文化財。また、創建以来の本尊千手観音像、不動明王像、毘沙門天像も国重要文化財である。[水谷 類]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android