コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川俣[温泉] かわまた

百科事典マイペディアの解説

川俣[温泉]【かわまた】

栃木県日光市,鬼怒川上流の温泉。単純泉,食塩泉。70〜80℃。江戸時代には日光の商人らが湯守請負人となって温泉が経営された。標高1000mのブナやミズナラの樹林帯にあり,付近に湯沢噴泉塔(天然記念物),下流には川俣ダム川俣湖がある。
→関連項目鬼怒川

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわまた【川俣[温泉]】

栃木県北西部,鬼怒川上流の山合いにある温泉。塩谷郡栗山村に属し,1953年に道路が整備されて自動車交通が可能となってから,奥鬼怒探勝の拠点として開発が進んだ。弱食塩泉,70~80℃。近くには65年に川俣ダムのダム湖としてつくられた川俣湖,湯沢噴泉塔(天),瀬戸合峡などの観光資源があり,鬼怒川のさらに上流には,バスの便のない奥鬼怒温泉郷(女夫淵(めおとぶち),八丁ノ湯,加仁湯,手白沢,日光沢など)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

川俣[温泉]の関連キーワード日光国立公園

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android