川原寺跡(読み)かわらでらあと

国指定史跡ガイドの解説

かわらでらあと【川原寺跡】


奈良県高市郡明日香村川原にある寺院跡。現在は弘福(ぐふく)寺が建つ。飛鳥川左岸近くの丘陵裾部に位置し、西南から東北に広がる谷を埋め立てた低台地に所在する。寺が創建された年代は明らかではないが、天智朝から天武朝にかけて造営され、持統朝には四大寺の一つに数えられた大寺であることから、1921年(大正10)に弘福寺境内を含む寺域の中心部が国の史跡に指定された。1957年(昭和32)から3次にわたって発掘調査が行われた結果、伽藍(がらん)配置などが解明されたため、それを受けて、僧坊跡、北方建物跡などを含め当初の境内全部と橘寺との間の古道、および寺領であった飛び地の亀石などが、1966年(昭和41)と1988年(昭和63)に追加指定された。伽藍(がらん)配置は1塔2金堂を有する川原寺式と呼ばれるもので、中軸線上に南から南大門、中門、中金堂、講堂が並び、中門から中金堂に取り付く回廊に囲まれた内庭に塔と西金堂が向き合い、講堂の周囲を僧坊が取り囲む形となる。1972年(昭和47)から1974年(昭和49)には、伽藍中枢部の大部分(中金堂と西僧坊を除く)の遺構の規模や配置がわかるように整備された。近畿日本鉄道橿原線ほか橿原神宮前駅からコミュニティバス「川原」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川原寺跡の関連情報