コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川原慶賀 かわはら けいが

9件 の用語解説(川原慶賀の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川原慶賀

江戸後期の洋風画家。天明6年(1786)肥前長崎生。父は絵師川原香山。名は種美、通称は登与助、別号に聴月楼、のち田口と改姓。絵を父や石崎融思に学ぶ。出島蘭館の絵師となり、動植物・人物の写生画を描く。シーボルトの委嘱により、洋風手法を用いて植物薬草類の写生画や風俗図を多く描いた。万延元年(1860)存命。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわはら‐けいが〔かははら‐〕【川原慶賀】

[1786~?]江戸後期の洋風画家。長崎の人。通称、登与助。長崎出島の出入り絵師となり、シーボルトの依頼で動植物や風俗の写生画を描く。シーボルト事件に連座、江戸・長崎追放となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

川原慶賀【かわはらけいが】

長崎派の洋風画家。通称登与助。伝記不詳。シーボルトに認められ出島絵師となり,人物,風景,和洋風俗を写実的に描写。1828年シーボルト事件に連座して入獄。代表作は《長崎出島館内之図》《ブロンホフ家族図》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川原慶賀 かわはら-けいが

1786-? 江戸時代後期の画家。
天明6年生まれ。父川原香山や石崎融思(ゆうし)にまなぶ。出島オランダ商館の出入り絵師となり,文政6年(1823)来日した医師シーボルトの日本研究を手つだい,洋風手法による写生画をえがく。11年シーボルト事件に連座。天保(てんぽう)13年にも作品が国禁にふれ,江戸・長崎追放となった。肥前長崎出身。名は種美。通称は登与助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川原慶賀

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天明6(1786)
江戸後期の長崎の洋風画家。町家の出で,通称登与助,字は種美,別号に聴月楼主人。のち田口氏。万延1(1860)年75歳以後の消息は不明。父香山と唐絵目利石崎融思に画を学び,出島出入絵師として文化年間(1804~18)後半ごろから出島のオランダ商館に出入りを許された。文政6(1823)年商館医として来日したシーボルトに画才を見出され,8年に彼が招いた画家ド・フィレネーフェに西洋画法を学んだ。シーボルトの日本研究に応じ多量の写生図を描いたほか,「ブロンホフ家族図」(神戸市立博物館蔵)などの作品がある。文政11年のシーボルト事件で罪に問われ,天保13(1842)年にも作品が国禁に触れ長崎から追放されたが,のち同地にもどった。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かわはらけいが【川原慶賀】

1786(天明6)‐?
江戸後期の長崎の洋風画家。通称登与助,字は種美,聴月楼主人ともいい,のち田口氏を称した。石崎融思に絵を学んだが,1823年(文政6)に来朝したシーボルトに画才を見いだされ,オランダ商館への出入りも許された。25年にはシーボルトがジャワから呼びよせたオランダ人画家フィレネーフェK.H.Villeneuveに洋風画法を学ぶ。26年にシーボルトの江戸参府にも随行し,日本の風景,風俗,諸職,生活用具,動植物などの写生図を描くなど,シーボルトの日本調査に協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かわはらけいが【川原慶賀】

1786~?) 江戸後期の洋風画家。長崎の人。通称、登与助。町家出身の絵師で、シーボルトに依頼され、動植物や風俗の写生画を描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川原慶賀
かわはらけいが

[生]天明6(1786)
[没]?
江戸時代後期の長崎派画家。通称登与助,字は種美。のち田口と改姓。伝記,画系ともに不詳。外科医シーボルトの助手をつとめ「出島絵師」と呼ばれた。シーボルト著『日本』 Nipponの挿絵に動物の写生図を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川原慶賀
かわはらけいが
(1786―?)

幕末の長崎の洋風画家。通称登与助(とよすけ)、字(あざな)は種美(しゅび)、号は慶賀、聴月楼(ちょうげつろう)主人といい、のち田口氏を称した。町家出身で、石崎融思(ゆうし)に絵を学び、出島のオランダ商館に出入りを許される絵師となった。1823年(文政6)ドイツ人医師シーボルトが来朝すると、多量の動植物、風景、風俗の写生を依頼された。それらは今日オランダのライデン国立民族博物館に所蔵され、なかにはシーボルト著『ニッポン』の挿絵となったものもある。28年のシーボルト事件に連座し、のち作品が国禁に触れ長崎から追放されたこともある。60年(万延1)75歳までは生存していたが、没年はさだかでない。[成瀬不二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川原慶賀の関連キーワード司馬江南東谷広渡湖秀秋田蘭画荒木如元小田野直武佐竹曙山若杉五十八石川大浪安田雷洲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川原慶賀の関連情報