コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川原慶賀 かわはら けいが

美術人名辞典の解説

川原慶賀

江戸後期の洋風画家。天明6年(1786)肥前長崎生。父は絵師川原香山。名は種美、通称は登与助、別号に聴月楼、のち田口と改姓。絵を父や石崎融思に学ぶ。出島蘭館の絵師となり、動植物・人物の写生画を描く。シーボルトの委嘱により、洋風手法を用いて植物薬草類の写生画や風俗図を多く描いた。万延元年(1860)存命。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわはら‐けいが〔かははら‐〕【川原慶賀】

[1786~?]江戸後期の洋風画家。長崎の人。通称、登与助。長崎出島の出入り絵師となり、シーボルトの依頼で動植物や風俗の写生画を描く。シーボルト事件に連座、江戸・長崎追放となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

川原慶賀【かわはらけいが】

長崎派の洋風画家。通称登与助。伝記不詳。シーボルトに認められ出島絵師となり,人物,風景,和洋風俗を写実的に描写。1828年シーボルト事件に連座して入獄。代表作は《長崎出島館内之図》《ブロンホフ家族図》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川原慶賀 かわはら-けいが

1786-? 江戸時代後期の画家。
天明6年生まれ。父川原香山や石崎融思(ゆうし)にまなぶ。出島オランダ商館の出入り絵師となり,文政6年(1823)来日した医師シーボルトの日本研究を手つだい,洋風手法による写生画をえがく。11年シーボルト事件に連座。天保(てんぽう)13年にも作品が国禁にふれ,江戸・長崎追放となった。肥前長崎出身。名は種美。通称は登与助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川原慶賀

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天明6(1786)
江戸後期の長崎の洋風画家。町家の出で,通称登与助,字は種美,別号に聴月楼主人。のち田口氏。万延1(1860)年75歳以後の消息は不明。父香山と唐絵目利石崎融思に画を学び,出島出入絵師として文化年間(1804~18)後半ごろから出島のオランダ商館に出入りを許された。文政6(1823)年商館医として来日したシーボルトに画才を見出され,8年に彼が招いた画家ド・フィレネーフェに西洋画法を学んだ。シーボルトの日本研究に応じ多量の写生図を描いたほか,「ブロンホフ家族図」(神戸市立博物館蔵)などの作品がある。文政11年のシーボルト事件で罪に問われ,天保13(1842)年にも作品が国禁に触れ長崎から追放されたが,のち同地にもどった。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわはらけいが【川原慶賀】

1786(天明6)‐?
江戸後期の長崎の洋風画家。通称登与助,字は種美,聴月楼主人ともいい,のち田口氏を称した。石崎融思に絵を学んだが,1823年(文政6)に来朝したシーボルトに画才を見いだされ,オランダ商館への出入りも許された。25年にはシーボルトがジャワから呼びよせたオランダ人画家フィレネーフェK.H.Villeneuveに洋風画法を学ぶ。26年にシーボルトの江戸参府にも随行し,日本の風景,風俗,諸職,生活用具,動植物などの写生図を描くなど,シーボルトの日本調査に協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわはらけいが【川原慶賀】

1786~?) 江戸後期の洋風画家。長崎の人。通称、登与助。町家出身の絵師で、シーボルトに依頼され、動植物や風俗の写生画を描いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川原慶賀
かわはらけいが

[生]天明6(1786)
[没]?
江戸時代後期の長崎派画家。通称登与助,字は種美。のち田口と改姓。伝記,画系ともに不詳。外科医シーボルトの助手をつとめ「出島絵師」と呼ばれた。シーボルト著『日本』 Nipponの挿絵に動物の写生図を描く。文政 11 (1828) 年シーボルト事件に連座して入牢。出牢後天保 13 (42) 年再び国禁に触れ長崎払いとなる。作品は洋画的題材を写生風に描く。主要作品『シーボルトと従僕図』『蘭人絵画鑑賞図』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川原慶賀
かわはらけいが
(1786―?)

幕末の長崎の洋風画家。通称登与助(とよすけ)、字(あざな)は種美(しゅび)、号は慶賀、聴月楼(ちょうげつろう)主人といい、のち田口氏を称した。町家出身で、石崎融思(ゆうし)に絵を学び、出島のオランダ商館に出入りを許される絵師となった。1823年(文政6)ドイツ人医師シーボルトが来朝すると、多量の動植物、風景、風俗の写生を依頼された。それらは今日オランダのライデン国立民族博物館に所蔵され、なかにはシーボルト著『ニッポン』の挿絵となったものもある。28年のシーボルト事件に連座し、のち作品が国禁に触れ長崎から追放されたこともある。60年(万延1)75歳までは生存していたが、没年はさだかでない。[成瀬不二雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

川原慶賀の関連キーワードドンM召喚対抗力強姦罪死刑召喚ロシア議会スウェーデン中道右派12年ぶり政権交代水素イオン指数pH

川原慶賀の関連情報