コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸坊海尊 ひたちぼう かいそん

4件 の用語解説(常陸坊海尊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常陸坊海尊 ひたちぼう-かいそん

平安後期-鎌倉時代の伝説的人物。
源義経の家臣。比叡(ひえい)山または園城(おんじょう)寺の僧ともいわれ,「源平盛衰記」「義経記」などにその名がみえる。弁慶(べんけい)とともに義経の都落ちにしたがうが,衣川の合戦をいきのび,不老長寿をえて源平合戦をかたりつたえたとされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常陸坊海尊

生年:生没年不詳
平安末期の伝説的人物。荒尊とも。園城寺僧,また比叡山僧といわれる。源義経旧来の家臣だが,文治5(1189)年の衣川合戦に参戦せず失踪する。東北地方中心に生存説が多い。仙人となり,あるいは人魚の肉などを食して不老長寿となり,源平合戦や義経の物語を語るという。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひたちぼうかいそん【常陸坊海尊】

海尊を快賢,荒尊とするものもある。源義経の家臣。《源平盛衰記》巻四十二,延慶本《平家物語》第六末にその名が見え,前者ではもと叡山の僧であったとする。《義経記》では,もと園城寺の僧であったとし,義経の都落ちに同道して弁慶とともに大物(だいもつ)の浦で活躍し,衣川での義経の最期には,朝から物詣でに出て帰らず居合わせなかったとされる。同書では誰よりも先に逃げようとする海尊が,ほかに2,3ヵ所書かれていて,その背後に逃げ上手,生き上手としての海尊像がすでに成立していたものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひたちぼうかいそん【常陸坊海尊】

平安末期の伝説的人物。源義経の従者として「源平盛衰記」「義経記」などに登場。武勇に秀で、武蔵坊弁慶と並び称せられる。のち仙人となったと伝えられ、様々な伝説を生んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常陸坊海尊の関連キーワード義経記判官物修学者手の物別尊法義経袴源九郎義経義経堂のものも湛海坊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone