コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元松代 あきもとまつよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋元松代
あきもとまつよ

[生]1911.1.2. 神奈川
[没]2001.4.24. 神奈川
劇作家。横浜吉田小学校卒業。 1946年,三好十郎主宰の戯曲研究会に入り劇作修業。 49年『礼服』を雑誌『劇作』に発表。土俗信仰の貴種流離譚に日本の精神風土をみた『常陸坊海尊』 (1964) ,『かさぶた式部考』 (69) で,一躍現代の代表的作家の一人となった。 79年に帝劇で蜷川幸雄演出により初演した『近松心中物語』が大ヒット,以後商業劇場にも作品を提供。毎日芸術賞 (69) など受賞。『秋元松代全作品集』 (3巻) その他の著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あきもと‐まつよ【秋元松代】

[1911~2001]劇作家。神奈川の生まれ。秋元不死男の妹。三好十郎に師事。売春婦問題を扱った「もの云わぬ女たち」のほか、主な作品に「常陸坊海尊」「かさぶた式部考」「七人みさき」「近松心中物語」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元松代 あきもと-まつよ

1911-2001 昭和後期-平成時代の劇作家。
明治44年1月2日生まれ。秋元不死男の妹。昭和21年三好十郎主宰の戯曲研究会にはいる。「ものいわぬ女たち」などを発表,「常陸坊(ひたちぼう)海尊」「かさぶた式部考」で独自の民衆劇を確立し,数々の賞をうける。おもな作品に「七人みさき」「近松心中物語」など。平成13年4月24日死去。90歳。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきもとまつよ【秋元松代】

1911~2001) 劇作家。神奈川県生まれ。三好十郎に師事し、売春婦問題を扱った「もの云わぬ女たち」「村上伊平治伝」のほか、伝説に取材した「常陸坊海尊」「かさぶた式部考」では、抑圧された民衆の姿を劇化した。著「七人みさき」「近松心中物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋元松代
あきもとまつよ
(1911―2001)

劇作家。横浜に生まれる。三好十郎主宰の戯曲研究会から出発し、『礼服』(1949)、『婚期』(1952)などの一幕物で認められた。やがて多幕物に向かうとともにテーマも社会的広がりをみせ、底辺に生きる女性群像を描いた『ものいわぬ女たち』(1954)、『村岡伊平治伝』(1960)などを経て、『常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)』(1964)、『かさぶた式部考』(1969)により土俗を視座とする独自の民衆劇の方向を開拓した。以後『きぬという道連れ』(1974)、『七人みさき』(1975)などを発表、一作ごとに重厚味を加え、蜷川幸雄(にながわゆきお)演出の『近松心中物語』(1979)、『元禄(げんろく)港歌』(1980)以降大劇場にも進出。ラジオ、テレビ作品も多い。俳人秋元不死男(ふじお)の実妹。[大島 勉]
『『秋元松代全作品集』全3巻(1976・大和書房) ▽『秋元松代戯曲集』(1962・文学散歩出版部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

秋元松代の関連キーワードラジオドラマ秋元 松代角野卓造三谷幸喜劇団民芸内田文吾戸田恵子市村正親式部物語宮本亜門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋元松代の関連情報