コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕別平野 まくべつへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幕別平野
まくべつへいや

北海道北端の平野。北は宗谷湾に面し,東は宗谷丘陵,西は丘陵性の稚内半島で限られる。増幌 (ますぽろ) 川,幕別川など河川沿いの沖積地と,標高 100m以内の緩傾斜地や台地から成る。海岸には大沼 (シュンプトウ) ,メグマ沼などの海跡湖が分布する。泥炭,酸性重粘土などの特殊土壌と寒冷気候による米作不可能地域に位置するため,牧草地を造成して酪農が発達。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まくべつ‐へいや【幕別平野】

北海道北部、宗谷丘陵西側にある平野。中心は稚内(わっかない)市。海岸部には砂丘がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まくべつへいや【幕別平野】

北海道北部,稚内(わつかない)市域中央にある平野。増幌(ますぽろ)川,声問(こえとい)(幕別)川,サラキトマナイ川流域に発達し,宗谷湾にのぞむ。東は宗谷丘陵に,西は稚内半島に続く低い山地に連なる。平野は標高100~200mの緩傾斜地,60~80mのなだらかな波状台地,泥炭におおわれた沖積地からなる。表土は薄く,やせているため,畑作などは発達しない。台地上では草地造成が進められ,比較的大規模な酪農経営が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕幕別平野(まくべつへいや)


北海道北部、宗谷(そうや)湾に面した平野。東は宗谷丘陵に続く。標高約60~80mの台地と声問(こえとい)川・増幌(ますほろ)川などの沖積(ちゅうせき)地からなり、宗谷湾沿いに大沼・メグマ沼の潟湖(せきこ)がある。湾岸近くに稚内(わっかない)空港がある。台地上は草地が造成され、酪農が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幕別平野
まくべつへいや

北海道北部、宗谷(そうや)湾に面する平野。稚内(わっかない)市の一部を占める。東は宗谷丘陵に、西は稚内半島に続く丘陵に限られる。平野の中心となる沖積低地は、宗谷湾に砂州が発達し、湾頭部を潟湖(せきこ)化し、さらに増幌(ますほろ)川、幕別川、サラキトマナイ川などの河川の土砂が潟湖を埋積したもので、大沼、メグマ沼などが残っている。沿岸では古くから漁業が行われ、増幌川の河谷と台地では草地造成が進められ、酪農経営がみられる。海岸部には稚内空港がある。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

幕別平野の関連キーワード稚内(市)岡本次郎宗谷本線潟湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android