コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広田遺跡 ひろたいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広田遺跡
ひろたいせき

鹿児島県熊毛郡南種子町広田,すなわち種子島東岸の砂丘にある弥生時代中~後期の遺跡。多数の人骨とともに,きわめて特異な文様をもつ彫画貝符が多量に出土した。この特異な文様や,こうした貝製品を副葬する特殊な習俗は,中国南方との交流を示す資料といえる。「山」の字が書かれた貝符もあり,日本最古の文字資料とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

広田遺跡【ひろたいせき】

鹿児島県南種子町にある弥生(やよい)時代の墓地遺跡。種子島(たねがしま)の東海岸に流れこむ広田川沿いの砂丘上にあり,上下2層に分かれる。上層から独特の山字文のある貝製品,下層からは屈葬人骨や,饕餮(とうてつ)文,爬虫(はちゅう)文類似の文様ある貝製装身具などが出土。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろたいせき【広田遺跡】

鹿児島県熊毛郡南種子町平山字広田にある弥生時代の墓地。遺跡は種子島東岸の海岸砂丘に位置する。1956‐59年,金関丈夫らが,上下2層に重なる集団墓地を発掘した。上層は集骨再埋葬の痕跡をとどめ,弥生後期の土器をともなう。これらの再葬人骨には文様を刻んだ多くの貝製品が副葬され,そのうちの1点に〈山〉字を刻んだものがある。下層では,数多くの遺骸が仰臥屈葬され,弥生前期末~中期初頭の土器をともなっている。下層の遺骸のあるものは貝製腕輪を着装して葬られ,複雑な文様を刻んだ貝符や竜形につくられた貝製品,貝製小玉などを身に着けたものも少なくない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

ひろたいせき【広田遺跡】


鹿児島県熊毛郡南種子(みなみたね)町の種子島にある墓地遺跡。1955年(昭和30)、台風によって崩壊した太平洋に面した砂丘から人骨や貝製品が現れ、2年後から発掘調査が行われて、弥生時代後期後半から古墳時代後期の遺跡であることが判明した。調査は約230m2におよび、土坑墓、履石墓(ふくせきぼ)、複数の人骨を数体ごとに再埋葬した墓など、合葬を含む埋葬遺構が90ヵ所、157体分の人骨が発見された。4万4000点におよぶ貝製品が副葬されており、その膨大な貝製品は、初めて見つかった独特の文様をもつ貝の小板である「貝符」や同じく広田遺跡でしか見つかっていない竜をかたどった竜偑(りゅうはい)形貝製垂飾と呼ばれる貝のアクセサリーなど多種多様である。素材には南海産のゴホウラ、オニニシ、イモガイ、オオツタノハなどが使われている。貝符は埋葬に際して使われた護符と考えられており、さまざまな文様が描かれている。出土品などから沖縄地方や奄美大島との類似点が指摘されている。調査は続けられており、2003年(平成15)には遺跡が立地する砂丘のすぐ後背にある微高地から縄文時代後期の市来(いちき)式土器や一湊(いっそう)式土器が発見され、2005年(平成17)には遺跡の西側、および北側に新たに墓地遺跡が発見された。2006年(平成18)に出土品が重要文化財に指定され、2008年(平成20)に遺跡は国指定史跡になり、2009年(平成21)には町保有だった出土品が、重要文化財に追加指定された。種子島空港から車で約20分、または西之表(にしのおもて)港から車で約1時間。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の広田遺跡の言及

【墳墓】より

…古代中国の金縷玉衣(きんるぎよくい)はその衣装,葬玉(そうぎよく)は死者用の玉(ぎよく)である。鹿児島県種子島の弥生時代の墓地,広田遺跡で出土した貝製の装身具には,生前着用のものと埋葬用のものとが区別できる。また,死者に仮面をかぶせることも多い(エジプト,ミュケナイ,エトルリア,ローマ,遼など)。…

※「広田遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広田遺跡の関連キーワード鹿児島(県)南種子(町)オオツタノハ出土品

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android