コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庵治[町] あじ

百科事典マイペディアの解説

庵治[町]【あじ】

香川県北部,庵治半島先端部を占める木田郡の旧町。イワシ,タイの漁獲が多く,丘陵部には段々畑が開ける。庵治石という花コウ岩の切出しが盛んで,灯籠(とうろう)や墓石として出荷される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あじ【庵治[町]】

香川県北東部,木田郡の町。人口7136(1995)。庵治半島先端部を占め,南端には瀬戸内海国立公園に属する五剣山がある。山地が広く,西側にわずかに開けた平野部に集落が集中する。山地ではミカン,ブドウ栽培が行われる。古くから町の基幹産業であった漁業は,県下屈指の漁港と水揚高を誇っており,水産加工業も盛んであるが,沿岸漁業の不振から養殖漁業に転換しつつある。南西部では庵治石を加工する石材業が盛んで,1981年に完成した庵治臨海造成地では水産加工業,石材業が操業中。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報