コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘仁貞観文化 こうにんじょうがんぶんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘仁貞観文化
こうにんじょうがんぶんか

主として美術史上用いられる名称。弘仁 (810~824) ,貞観 (859~877) の平安時代前期を中心とした文化。美術史においては平安時代を2期に分け,後期を藤原文化 (→藤原時代 ) とするのに対し,延暦 13 (794) 年の平安遷都から遣唐使が廃止された寛平6 (894) 年までの約1世紀の平安時代前期の文化を呼ぶ。この期の美術における特色は前代になかった真言,天台両宗の密教の影響が強く,神秘的,呪術的色彩が強い。平安時代の仏教界においては,寺院は従来のように都の周辺ないし平野部にはおかず,都から離れた山中に建立したため,従来の伽藍配置が大きく変った。現存している当時の建築物には,大和の室生寺金堂があり,いかにも山岳仏教にふさわしい簡素なたたずまいをしている。彫刻はかなり現存しており,室生寺金堂の釈迦如来像は一木造 (いちぼくづくり) で独特の翻波 (ほんぱ) 式衣文を用い,全身に力の満ちている傑作である。このほか大和法華寺や近江向源寺 (渡岸寺) の十一面観音像,河内観心寺の如意輪観音像,京都神護寺の薬師如来像は代表的作品である。高野山明王院の赤不動,近江園城寺 (おんじょうじ) の黄不動は密教で重んじられる不動像の力に満ちた姿をよく示し,京都教王護国寺 (東寺) の龍智,龍猛の像もすぐれたものである。書道では嵯峨天皇,空海,橘逸勢 (たちばなのはやなり) が三筆と称せられ,その秀抜な唐風の筆跡が高く評価された。空海筆として確実なものには京都教王護国寺の『風信帖』,神護寺の『灌頂歴名 (かんじょうれきめい) 』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうにんじょうがんぶんか【弘仁貞観文化】

美術史上、平安前期約100年間の文化をさす。天平文化と藤原文化の間で、唐文化の影響を受けながらそれを消化して日本独自の様式に向かった。密教の興隆を反映して、重厚で神秘的な作風の仏像・仏画が多く作られた。貞観文化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弘仁貞観文化の関連キーワード貞観文化天平文化仏像様式仏画興隆作風

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android