コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御代参街道 ごだいさんかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御代参街道
ごだいさんかいどう

滋賀県南東部,甲賀市から鎌掛 (かいがけ) ,八日市を経て愛荘町にいたる道路。江戸時代伊勢神宮多賀大社に詣でる朝廷皇族の代参りが通ったためこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいさんかいどう【御代参街道】

江戸時代,近江国多賀大社より伊勢に入る脇街道。その経路は多賀大社~高宮~中山道愛知川宿~八日市~岡本~石原~鎌掛~笹尾峠~東海道土山宿までである。江戸中期以降,朝廷が伊勢両宮に奉幣使を派遣する際,とくに多賀大社に御名代を参詣させたが,この街道がその通路となったため,御代参街道と称された。人夫,馬匹の継立てが常設され,八日市,岡本,鎌掛の三所がその継立宿であった。【新城 常三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

御代参街道の関連キーワード東近江市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android