コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御代参街道 ごだいさんかいどう

2件 の用語解説(御代参街道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御代参街道
ごだいさんかいどう

滋賀県南東部,甲賀市から鎌掛 (かいがけ) ,八日市を経て愛荘町にいたる道路。江戸時代伊勢神宮多賀大社に詣でる朝廷や皇族の代参りが通ったためこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいさんかいどう【御代参街道】

江戸時代,近江国多賀大社より伊勢に入る脇街道。その経路は多賀大社~高宮~中山道愛知川宿~八日市~岡本~石原~鎌掛~笹尾峠~東海道土山宿までである。江戸中期以降,朝廷が伊勢両宮に奉幣使を派遣する際,とくに多賀大社に御名代を参詣させたが,この街道がその通路となったため,御代参街道と称された。人夫,馬匹の継立てが常設され,八日市,岡本,鎌掛の三所がその継立宿であった。【新城 常三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御代参街道の関連キーワード多賀大社高宮鳥居本多賀杓子多賀祭糸切餅近江鉄道多賀線近江鉄道本線彦根・多賀大社線多賀谷酔雪

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone