御代参街道(読み)ごだいさんかいどう

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいさんかいどう【御代参街道】

江戸時代,近江国多賀大社より伊勢に入る脇街道。その経路は多賀大社~高宮~中山道愛知川宿~八日市~岡本~石原~鎌掛~笹尾峠~東海道土山宿までである。江戸中期以降,朝廷が伊勢両宮に奉幣使を派遣する際,とくに多賀大社に御名代を参詣させたが,この街道がその通路となったため,御代参街道と称された。人夫,馬匹の継立てが常設され,八日市,岡本,鎌掛の三所がその継立宿であった。【新城 常三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる