コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御霊屋 オタマヤ

デジタル大辞泉の解説

お‐たまや【御霊屋】

先祖の霊や貴人の霊を祭っておく建物。霊廟(れいびょう)。みたまや。

みたま‐や【御霊屋】

貴人の霊を祭ってある所。霊廟(れいびょう)。おたまや。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おたまや【御霊屋】

先祖の霊や貴人の霊をまつる殿堂。みたまや。霊廟。

みたまや【御霊屋】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御霊屋の言及

【紅葉山】より

…鷲の森と呼ばれていたところで,楓山とも書く。古墳という推測もあるが,江戸城構築後,1618年(元和4)に徳川家康の廟所を設置して以来,歴代将軍の廟が設けられ,御霊屋(おたまや)という。家康廟はのちに東照宮といい,毎年4月17日の忌日には将軍の参詣があり,紅葉山御社参ととなえ幕府年中行事の一つであった。…

※「御霊屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御霊屋の関連情報