コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志布志[町] しぶし

2件 の用語解説(志布志[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

志布志[町]【しぶし】

鹿児島県東部,曾於(そお)郡の旧町。志布志湾に臨む主集落は近世には国内外の貿易で栄えた港町で,日南線が通じる。サツマイモタバコ中心の農業,牛と豚の畜産と漁業が主産業であるが,工業団地が造成され企業の進出が進む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぶし【志布志[町]】

鹿児島県東端,曾於郡の町。人口1万9216(1995)。志布志湾に臨み,東は宮崎県に接する。古くからの港町で,江戸時代志布志千軒といわれるほど繁栄したが,明治以降衰えた。しかし大正末から昭和にかけて志布志線(1987廃止),北郷線(現,日南線),古江線(のちの大隅線。1987廃止)が次々に開通,1931年には志布志港が完成して海陸交通の要衝として再び活気を取り戻した。69年,重要港湾の指定をうけ,飼料穀類の輸入基地,東京・大阪と結ぶ大型フェリー基地として重要な地位を占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone