コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急ぐ イソグ

4件 の用語解説(急ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそ・ぐ【急ぐ】

[動ガ五(四)]
早く目的を達するように行動する。早くやろうとする。「完成を―・ぐ」「解決を―・ぐ」「―・いで仕上げる」
早く行き着こうとする。早く進む。「帰宅を―・ぐ」
気持ちがせく。「功を―・ぐ」
準備する。用意する。
「このごろはよろづ忘れて、このことを―・ぐ」〈かげろふ・中〉
[可能]いそげる
[用法]いそぐ・せく――「せくな、いそぐな、あわてるな」は意図的に類義の語を対比させた表現。◇「いそぐ」は、短時間で何かをしようとする意で、時間に重点があり、「せく」は、「あわてる」「あせる」に近く、気持ちに重点がある。だから「心せくままに帰路をいそぐ」の文では、両語の入れ替えは出来ない。◇「いそがば回れ」は、行動の早さを示す「いそぐ」の用法。「せいては事を仕損ずる」は、心が落ち着いていない状態を示す「せく」の用法。◇類似の語に「あせる」がある。思い通りに事が運ばなくて落ち着かない、焦慮する、いらいらする、の意。

また・ぐ【急ぐ/速ぐ】

[動ガ四]待ちかねて急ぐ。はやる。
「いつしかと―・ぐ心をはぎにあげて天(あま)の河原を今日や渡らむ」〈古今・雑体〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いそぐ【急ぐ】

( 動五[四] )
普通よりも短い時間で事をしようとする。早くやる。 「着工を-・ぐ」 「解決が-・がれる」
目的地へ早く着こうとする。早く進む。 「駅へ-・ぐ」 「家路を-・ぐ」
支度をする。準備する。 「御はての事-・がせ給ふ/源氏 総角」 〔動詞の「急ぐ」「急く」「逸はやる」の違いについて。 (1) 「急ぐ」は意志的。「急いで…する」のように自動詞としても、「建物の完成を急ぐ」のように他動詞としても用いる。それに対して「急く」「逸る」は無意志的な自動詞。 (2) 「急く」は、使役表現の「急かす」はよく用いられるが、「急く」の形では、「気が急く」と、諺「急いては事を仕損じる」以外にはあまり用いない。 (3) 「逸る」は、「血気に逸る青年将校」「逸る気持ちをおさえる」のように、勇ましい行動に着手・実現したいという気持ちが高まることをいう〕
[可能] いそげる
[句項目]

またぐ【急ぐ】

( 動四 )
心がはやる。あせる。 「いつしかと-・ぐ心をはぎにあげて/古今 雑体

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急ぐの関連キーワード急がば回れ射止める運動費関門捷径追求遂げる捥ぐ寄切る行政機構

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急ぐの関連情報