コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急ぐ イソグ

4件 の用語解説(急ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそ・ぐ【急ぐ】

[動ガ五(四)]
早く目的を達するように行動する。早くやろうとする。「完成を―・ぐ」「解決を―・ぐ」「―・いで仕上げる」
早く行き着こうとする。早く進む。「帰宅を―・ぐ」
気持ちがせく。「功を―・ぐ」
準備する。用意する。
「このごろはよろづ忘れて、このことを―・ぐ」〈かげろふ・中〉
[可能]いそげる
[用法]いそぐ・せく――「せくな、いそぐな、あわてるな」は意図的に類義の語を対比させた表現。◇「いそぐ」は、短時間で何かをしようとする意で、時間に重点があり、「せく」は、「あわてる」「あせる」に近く、気持ちに重点がある。だから「心せくままに帰路をいそぐ」の文では、両語の入れ替えは出来ない。◇「いそがば回れ」は、行動の早さを示す「いそぐ」の用法。「せいては事を仕損ずる」は、心が落ち着いていない状態を示す「せく」の用法。◇類似の語に「あせる」がある。思い通りに事が運ばなくて落ち着かない、焦慮する、いらいらする、の意。

また・ぐ【急ぐ/速ぐ】

[動ガ四]待ちかねて急ぐ。はやる。
「いつしかと―・ぐ心をはぎにあげて天(あま)の河原を今日や渡らむ」〈古今・雑体〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いそぐ【急ぐ】

( 動五[四] )
普通よりも短い時間で事をしようとする。早くやる。 「着工を-・ぐ」 「解決が-・がれる」
目的地へ早く着こうとする。早く進む。 「駅へ-・ぐ」 「家路を-・ぐ」
支度をする。準備する。 「御はての事-・がせ給ふ/源氏 総角」 〔動詞の「急ぐ」「急く」「逸はやる」の違いについて。 (1) 「急ぐ」は意志的。「急いで…する」のように自動詞としても、「建物の完成を急ぐ」のように他動詞としても用いる。それに対して「急く」「逸る」は無意志的な自動詞。 (2) 「急く」は、使役表現の「急かす」はよく用いられるが、「急く」の形では、「気が急く」と、諺「急いては事を仕損じる」以外にはあまり用いない。 (3) 「逸る」は、「血気に逸る青年将校」「逸る気持ちをおさえる」のように、勇ましい行動に着手・実現したいという気持ちが高まることをいう〕
[可能] いそげる
[句項目]

またぐ【急ぐ】

( 動四 )
心がはやる。あせる。 「いつしかと-・ぐ心をはぎにあげて/古今 雑体

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急ぐの関連情報