コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急ぐ イソグ

デジタル大辞泉の解説

いそ・ぐ【急ぐ】

[動ガ五(四)]
早く目的を達するように行動する。早くやろうとする。「完成を―・ぐ」「解決を―・ぐ」「―・いで仕上げる」
早く行き着こうとする。早く進む。「帰宅を―・ぐ」
気持ちがせく。「功を―・ぐ」
準備する。用意する。
「このごろはよろづ忘れて、このことを―・ぐ」〈かげろふ・中〉
[可能]いそげる
[用法]いそぐ・せく――「せくな、いそな、あわてるな」は意図的に類義の語を対比させた表現。◇「いそぐ」は、短時間で何かをしようとする意で、時間に重点があり、「せく」は、「あわてる」「あせる」に近く、気持ちに重点がある。だから「心せくままに帰路をいそぐ」の文では、両語の入れ替えは出来ない。◇「いそがば回れ」は、行動の早さを示す「いそぐ」の用法。「せいては事を仕損ずる」は、心が落ち着いていない状態を示す「せく」の用法。◇類似の語に「あせる」がある。思い通りに事が運ばなくて落ち着かない、焦慮する、いらいらする、の意。

また・ぐ【急ぐ/速ぐ】

[動ガ四]待ちかねて急ぐ。はやる。
「いつしかと―・ぐ心をはぎにあげて天(あま)の河原を今日や渡らむ」〈古今・雑体〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いそぐ【急ぐ】

( 動五[四] )
普通よりも短い時間で事をしようとする。早くやる。 「着工を-・ぐ」 「解決が-・がれる」
目的地へ早く着こうとする。早く進む。 「駅へ-・ぐ」 「家路を-・ぐ」
支度をする。準備する。 「御はての事-・がせ給ふ/源氏 総角」 〔動詞の「急ぐ」「急く」「逸はやる」の違いについて。 (1) 「急ぐ」は意志的。「急いで…する」のように自動詞としても、「建物の完成を急ぐ」のように他動詞としても用いる。それに対して「急く」「逸る」は無意志的な自動詞。 (2) 「急く」は、使役表現の「急かす」はよく用いられるが、「急く」の形では、「気が急く」と、諺「急いては事を仕損じる」以外にはあまり用いない。 (3) 「逸る」は、「血気に逸る青年将校」「逸る気持ちをおさえる」のように、勇ましい行動に着手・実現したいという気持ちが高まることをいう〕
[可能] いそげる
[句項目]

またぐ【急ぐ】

( 動四 )
心がはやる。あせる。 「いつしかと-・ぐ心をはぎにあげて/古今 雑体

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

急ぐの関連キーワード急いては事を仕損ずるどっぱさっぱ袖引き小僧急がば回れ足を空にせっかち阿弥陀笠小余綾の取り急ぎ昼夜兼行きそきそ急き込む取急ぎ仕向け息急き小走り言送る無常講端折る小急ぎ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急ぐの関連情報