コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報リテラシー じょうほうりてらしー

8件 の用語解説(情報リテラシーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

情報リテラシー

情報機器やITネットワークを活用して、情報・データを管理、活用する能力のこと。IT技術が普及した現在では、ある程度の知識があればコンピューターから膨大な情報を手に入れられる。しかし、それらの中から必要な情報を確実に収集、整理し、組み替えるにはより高度な能力が必要となる。このような能力は情報リテラシーと呼ばれ、「情報基礎リテラシー」「PCリテラシー」「ネットワークリテラシー」の3つの領域に大別される。また、メディアの活用能力である「メディアリテラシー」、コンピューターの活用能力である「コンピューターリテラシー」といった用語と重なっている部分が多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

情報リテラシー

情報を扱う基本的な能力。リテラシーとは「読み書きする能力」のことである。情報通信技術の発達によって、個人が得られる情報の量は膨大になったが、そこから必要なものを検索、選択し、必要に応じて蓄積、加工することや、自ら情報を創出するための能力が求められるようになった。パソコンや各種デジタル機器、インターネットとの関わりで語られることが多いため、その概念を矮小化して「デジタル機器の取り扱いやネット利用の基本的知識」と説明されることもあるが、これらは情報リテラシーの一部でしかない。「噂」や「報道」などへの接し方も、情報リテラシーである。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうほう‐リテラシー〔ジヤウホウ‐〕【情報リテラシー】

information literacy》情報を十分に使いこなせる能力。大量の情報の中から必要なものを収集し、分析・活用するための知識や技能のこと。メディアリテラシーコンピューターリテラシーとほぼ同義に用いられることもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

情報リテラシー【じょうほうリテラシー】

情報機器などを使って目的の情報を取得したり,収集した情報を整理,活用したりする能力のこと。IT革命など情報通信分野の発展にともない,デジタル・ディバイドの問題が生じていることもあり,政府としてもIT基本法で情報リテラシーの向上を掲げている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じょうほうリテラシー【情報リテラシー】

情報化社会でコンピューターなど情報関連技術を習得し、積極的に情報を活用することのできる能力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報リテラシー
じょうほうリテラシー
information literacy

コンピュータなどの情報機器やネットワークを使いこなす能力のこと。オフィスにおける仕事時だけでなく,学校や日常生活においても電子メールキーボード操作や文字入力,インターネットでの情報検索などの機会が増えるにつれ,多くの情報機器を扱う必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情報リテラシー
じょうほうりてらしー

文字を読み書きする能力を意味するリテラシーLiteracyから派生し、「情報技術を使いこなす能力」と「情報を読み解き活用する能力」の二つの意味をもつ。
 「情報技術を使いこなす能力」とは、コンピュータや各種のアプリケーション・ソフト(特定の作業のためのソフトウェア)、コンピュータ・ネットワークなどのIT(情報技術)を利用して、データを作成、整理したり、インターネットでさまざまな情報を検索したり、プログラムを組むことのできる能力をさす。コンピュータ・リテラシーとよばれることもあり、ITの分野で情報リテラシーという場合は、こちらを意味していることが多い。
 一方の「情報を読み解き活用する能力」は、広義の情報リテラシーと位置づけられる。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などさまざまなメディアから発信される情報の役割や特性、影響力などを理解する力、および自ら情報を収集、評価、整理し、表現、発信する能力など、情報の取扱いに関するさまざまな知識と能力のことをさし、メディアリテラシーともよばれる。学校教育の現場などでは、おもにこの意味で使われる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

情報リテラシー

さまざまな種類の情報源の中から必要な情報にアクセスし,アクセスした情報を正しく評価し,活用する能力.具体的には,以下の能力を含む.〈1〉情報へのアクセス:さまざまな種類の情報源について熟知している.実際にレファレンスブックや各種データベースなどを利用して,必要な情報にアクセスすることができる.〈2〉情報の評価:精度や再現率などから,アクセスした情報の正しい評価を行うことができる.〈3〉情報の活用:既存の知識体系の中に,新しい情報を統合することができる.問題解決にあたり,情報を有効に適用することができる.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報リテラシーの関連キーワードインターネットワーキングリング型ネットワークインハウスネットワーク社会的ネットワークスポンサードネットワーク電子ネットワークネットワーカーネットワークトラフィックネットワークオーディオネットワーク信号情報

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報リテラシーの関連情報