コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惨憺/惨澹 サンタン

デジタル大辞泉の解説

さん‐たん【惨×憺/惨×澹】

[名・形動]いたましいこと。なげかわしいこと。また、そのさま。
「一朝爆発した其跡は実に―を極めますナ」〈魯庵社会百面相
「形容するのが―な位に」〈葉山海に生くる人々
[ト・タル][文][形動タリ]
いたましくて見るに忍びないさま。見るも無残なさま。「―たる事故現場」「結果は―たるものであった」
心をくだき思い悩むさま。「―たる推敲(すいこう)の跡」「苦心―」
薄暗くて気味が悪いさま。
「余を…この―たる墓所に残して」〈透谷楚囚之詩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

惨憺/惨澹の関連キーワード三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐アインシュタイン(Albert Einstein)レンテンマルク多田吉左衛門スペイン史鈴木藤三郎ミュッセゴーゴリ福見友子苦心惨憺富士山文学館植民地光景顧望謀図鉱害